【家系ラーメン】パンチの効いた“濃厚スープ”に大興奮! 「はま家」「一二三家」取材レポ

しっかりパンチの効いた“濃厚豚骨スープ”が決め手の「家系ラーメン店」といえば? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、おすすめの「はま家」と「一二三家」をご紹介!

しっかりパンチの効いた“濃厚豚骨スープ”が決め手の「家系ラーメン店」といえば?
横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、おすすめの「はま家」と「一二三家」をご紹介!

※本記事は2015年8月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。

夏本番を控えた7月下旬。筆者とウッつん(はまれぽ編集部・宇都宮)には夏を迎えるにあたって、何かが足りなかった。女なのか、お金なのか・・・。2人で考えていたとき、ウッつんが言った。

「うまいラーメンが足りていないですね・・・」。これまでウッつんの提案に一つも賛同したことがなかったが、初めて意見が一致した。テレパシーみたいで嬉しい。

早速、家系マイスターのマーコ氏に電話をすると「明日、下永谷のラーメン店に来て!」との回答が。そこで2人で下永谷に向かうことにした。

 

港南台にあった岳家(がくや)出身の店主が経営する「はま家」とは!

マーコ氏が待ち合わせに指定したのは、横浜市営地下鉄ブルーライン「下永谷」駅から徒歩15分ほどの場所にある「はま家」である。

早速店内に入ると見覚えのある姿が。マーコ氏です!

この日、マーコさんが「はま家」を指定したのには訳があった。なんと有名店出身の店主が作る極上ラーメンを、筆者たちに食べさせたかったらしいのだ。・・・マーコさん、ありがとうございます。

そこでラーメンを食べる前に、まずは「はま家」の店主・大久保孝強(おおくぼ・こうき)さんの経歴についてお伺いすることにした。

大久保さんは20代の半ばまで、ホテルマンをはじめ、様々な飲食店で働いていたそうだ。しかし26歳のころ、転機が訪れる。

「当時、家系ラーメンがブームになっていた時期です。私も以前より、家系ラーメンが好きで、いろいろな店に通っていました。そこで盛り上がる家系ラーメンの流れに乗って『ラーメンでやっていこう!』と心に決めたんです」

そうして立ち上げたのが、港南台にあった今はなき濃厚豚骨スープの家系インスパイア店「岳家(がくや)」である。そして10年間、岳家で働いた後、2010(平成22)年3月に岳家の経営から退き、自分は新たに「はま家」をオープンさせた。

では同店のラーメンの特徴はどこにあるのだろうか。大久保さんが答えてくれた。

壁には雑誌に掲載された実績が並んでいる

「家系ラーメンでは直系の味を再現する店が多くありますが、豚骨系の味はあまりありません。そこで当店では豚骨の旨みを最大限に生かすことにしました。醤油をベースにしながら、豚骨と鶏ガラをじっくりと煮込み旨味を抽出したスープになっています。しつこすぎないマイルドな味わいが当店の売りです」と大久保さんは語る。

しかしマイルドさを実現するには、苦労する点もあるという。大久保さんは「マイルドな味を維持するには、ちょっとした微調整が重要になります。火加減やお湯加減に細心の注意を払っていますね」と話す。

・・・これは、かなり期待できるラーメンがでてきそうだ。そこで早速「ラーメン並(750円)」を注文することにした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング