©Yasue Shiomi

子育て中のママのファッションは、動きやすさ重視。シャツにパンツなどのカジュアル服にスニーカーといったラフな組み合わせになりがちです。

しかし、若い頃は流行のアイテムを選べばそれなりに可愛く見えていたカジュアルスタイルも、30代40代のママが着ると、生活に疲れた主婦感やオバサンっぽさが漂うことも……。

動きやすさ、ラクチンさをキープしつつ、おしゃれに見せるにはどうしたらいいのでしょうか?

今回、そんな疑問に答えてくれたのは、2人の男の子のママでもあるライフ&ファッションスタイリストの塩見やすえさん。カジュアルなママコーデをワンランクおしゃれに見せるセオリーと、おすすめコーデを教えていただきました。

“おしゃれなママ”に見せる3つのセオリー

©Yasue Shiomi

まず「ママの装いは、動きやすくて、汚れても洗えることが大前提」と塩見さん。洗える素材のカジュアル服&ローヒール靴という“ママコーデ”をおしゃれに見せるためには、いくつかコツが要るといいます。

そのコツ=セオリーとは、次の3つ。

1.シャープさのある靴をセレクト

一番大事なのが、足元です。ぺたんこ靴やスニーカーでもかまわないのですが、靴を選ぶ際に形に注目することがポイントなのだとか。

塩見さん(以下、塩見)「丸みのあるデザインの靴を選ぶと、ほっこり感が強すぎて垢抜けない印象になってしまいます。たとえばポインテッドトゥのローヒールパンプス、スクエアトゥのフラットシューズのような、形にシャープさのある靴を選びましょう。

©Yasue Shiomi

スクエアトゥのシューズは最近のトレンドですが、甲が深めで足を包み込むデザインが多く、ママには履きやすいですよ。

スニーカーで、シルエットがほっそりしていてシャープに見えるのは、コンバースの『オールスター』。その他のブランドでも、白や黒をベースに使ったシンプルなスニーカーなら、コーデが引き締まり、すっきりと大人っぽくまとまります」

2.耳元にアクセサリーを

2つ目のコツは、耳元にシャープさをプラスすること。つまり、ピアスやイヤリングをつけることです。

塩見「ママがよく着るデニム、スニーカーといったカジュアルコーデは、男性でも身につけられますよね。ピアスやイヤリングのような、きらっと光るアクセサリーをプラスすると、男性のファッションにはない女性らしさ、華やかさが出て、垢抜けて見えるんです。

小さいお子さんがいるとリングやネイルはできないことも多いので、耳元のおしゃれをすると自分のテンションも上がりますよ」

では、どんなタイプのピアス・イヤリングがおすすめなのでしょう?

塩見「主張しすぎず、普段着に合わせやすいのが、ゴールドやシルバーの細めのフープピアス・イヤリングです。"がんばりすぎないおしゃれ感"が出せます」

©Yasue Shiomi

特に上の写真のようなしずく型のものだと、ほどよくシャープで女性らしさも出るそう。

塩見「300円ショップのプチプラ品でも十分なので、ぜひチャレンジしてみてください。園・学校や病院に行くときなど、少しきちんと感を出したいときは、一粒パールのスタッドタイプ(耳たぶにピタッと付くタイプ)が最適ですよ」

3.リップで口元を明るく

3つ目のコツが、口元のメイクです。子育て中のママは、「メイクまで手が回らない」という人も多いはず。その場合は、眉毛を整え、日焼け止めにリップを付けるだけで印象が違うのだとか。

塩見「2のアクセサリー使いと同様に、リップメイクをして唇に色味とツヤ感を加えることで、男性には出せない女性らしさが出せるんです。

高い口紅でなくても大丈夫。ドラッグストアで買えるお手頃価格の口紅や、発色の良い色付きリップクリームでもかまいません。

色味は、ベージュ系よりは明るいキレイな色がベター。春夏は赤やピンク、秋冬はボルドーというように、リップで季節感を演出すると、よりおしゃれ感が出ます」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます