春になるとキレイな色が暖かい日差しとマッチしますね。

メイクでもカラーを取り入れるなら、断然アイカラーです。アイカラーのトレンドは単色塗りシングルのアイカラー。

グラデーションとは違って、目に奥行き感を出すわけではないですが、まぶたをキレイに見せ、明るい表情をつくってくれます。

またシングルカラーは色を重ねないので、キレイな色をそのままキープできます。

ニュアンスカラーが揃っているので、春のペールトーンのファッションに合わせて使うと、統一感が出てグッと春っぽくなりますね。

まぶたに広範囲にのせるので、濃い色よりは、色のニュアンスを楽しむような感じで、透明感のあるものが使いやすいです。高発色でも素肌が透けるようなカラーだと、重たくなりませんよ。

秋冬は質感が重ためのクリームアイシャドウも多かったのですが、春夏はやはりパウダータイプです。パウダーとはいっても粉っぽくならず、保湿感のあるものが多い印象です。これなら大人も使いやすいです。

今回は、トレンドと合わせて、春に使いたい大人の女性のためのシングルカラーを5色選んでみました。

大人のためのシングルカラー5色

シアーブラウン

春でも軽やかなテラコッタやナチュラルトーンのお洋服が旬の春夏。

メイクでもブラウンやベージュなど肌に馴染むアイカラーがあると何かと重宝します。ただそのままブラウンを乗せると重たくなってしまうので、シアー感のあるライトなブラウンを選ぶと春らしさが出て吉。

エクセルの『ディープシャドウ フューシャブラウン』は、透明感のあるキレイなブラウン。柔らかで暖かみのある色味で、使いやすいです。高発色カラーで一塗りでキレイな陰影ができます。

赤めオレンジ

今年注目のカラーといえばオレンジ。オレンジのアイカラーをまぶたにオンするだけで、ナチュラルなオシャレ感が醸し出せます。

様々なオレンジカラーがありますが、ぱっきりとしたオレンジのものよりも、くすみ感のあるオレンジやオレンジのニュアンスのあるブラウン系のカラーだと肌に馴染みやすく、大人っぽく仕上がります。

セザンヌの赤系のマットカラーも、黄色味を抑えた赤オレンジ。赤としても使えて、シックにキマる大人色です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます