【V系】「BORN」7年間の集大成! “強さ”を見せた赤坂BLITZワンマンライブレポ

2015.9.16 17:00

9月6日、赤坂BLITZにて行われたBORNのワンマンツアーファイナル。バンドもファンも熱すぎる、現在の彼らの強さを象徴するような熱い公演をレポートしました!

BORN BORN

「なにがツアーファイナルだ!なにがBLITZだよ!ここまで死ぬ気で進んだ一歩一歩が繋がって、たまたま生き延びただけだ!今日ここに立てました。悔いの残らないよう、ぶっ壊れていこうぜ!」本編終盤に猟牙(Vo)はそう叫んだ。

ギリギリなのに楽しそうで、激しいのにどこかあたたかみのある空間。BORNとファンが想いをぶつけあい、溶け合うような3時間弱、予定外のトリプルアンコール含めた27曲。現在のBORNを象徴するような熱い公演をレポートしたい。

BORNBORN(撮影・遠藤真樹)

9月6日、赤坂BLITZ。あいにくの雨天だが会場には多くのファンが集まり、SiMやマリリン・マンソンなどがBGMとして流れるフロアは既に気合充分といった雰囲気で、これから始まる狂乱の宴を予感させてくれる。

ステージには無骨な鉄骨が左右対象に4本ずつそびえ立っていて、まるでそれが蜘蛛をあらわしているかのよう。

猟牙(Vo)猟牙(Vo)

一曲目は『坩堝』、冒頭からテンション最高潮のメンバーたちに激しい逆ダイでこたえるフロア。猟牙の「赤坂BLITZ!カモンベイベー!」という声から始まったのは『オルタナ』。めまぐるしく展開の変わる曲に合わせて激しく身体を動かす猟牙(Vo)。ミニアルバム『オルタナティブヴ・タランチュラ』収録の曲もツアーで鍛えあげられたように感じる。

間髪入れずに『鴉』、『MAD whistle』『Son Of A Bitch』と序盤からアッパーチューンで攻め上げる。フロアも時には頭を振り、時には拳をかざし、お互いにボルテージを高め合っていく。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング