ローランド、初心者向けのシンセサイザー、61鍵モデルと88鍵モデルを用意

2015.9.16 17:56配信
「JUNO-DS61」(上)と「JUNO-DS88」

ローランドは、初心者向けシンセサイザー「JUNOシリーズ」の新製品として、61鍵の「JUNO-DS61」と、88鍵の「JUNO-DS88」の2モデルを10月下旬に発売する。価格はオープン。

バンドでのアンサンブルに適したピアノやオルガン、弦楽器や管楽器など、リアルサウンドを中心に1200種類の音色を搭載。音色はカテゴリごとに分けられた選択ボタンですばやく選べるので、誰でも簡単に音色を呼び出せる。

内蔵音色は、従来機種「JUNO-Di」の内蔵音色に加えて、強力な新規音色を備えており、アコースティックピアノの音は厳選した豊かなサウンドを用意した。また、専用の音色ライブラリーサイト「Axial」では、さまざまな音色を無料で追加できる。

このほか、本体にマイクを接続して、ボーカルやコーラスへの効果的な残響の付加や、ロボットのような声での歌唱を可能にする「ボーカル・エフェクター」、USBメモリに保存したフレーズや音色を再生できる「フレーズ・パッド」×8基、短いフレーズを録音して曲作り時のアイデアメモやライブ演奏に使える「パターン・シーケンサー」を搭載する。

「JUNO-DS61」は、高い堅牢性を備えつつ、練習スタジオやライブ会場に持ち運びやすい軽量設計を実現した。税込の実勢価格は8万円前後の見込み。

「JUNO-DS88」は、本格的なピアノ演奏が可能なピアノタッチ鍵盤を搭載する。税込の実勢価格は13万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング