【子育て】Facebook「Dislike」導入までに知っておきたい「うざい」と思われない投稿マナー5つ

お出かけも増える今の時期は、うざい投稿をしてしまう人も急増する危険な季節!知らないうちに“嫌われママ”になってしまわないよう、「うざい」と思われないためのFacebook投稿マナーを守っておきましょう。

Facebookで、他人の投稿を見て「うざーい!」と思っちゃったこと、ありますか?

近況報告も兼ね、日常をせっせと投稿している人も少なくないFacebook。でも、読み手にとって不快感を与えちゃう投稿は、友情を深めるどころか逆効果です。

シルバーウィークでお出かけも増える今の時期は、うざい投稿をしてしまう人も急増する危険な季節!

知らないうちに“嫌われママ”になってしまわないよう、「うざい」と思われないための投稿マナーを守っておきましょう。

1・1日に何度も投稿

旅行先などで、観光地に到着するたびに投稿している人、いますよね。

投稿の回数が多いと、友人がタイムラインを開いたときに全てがあなたの投稿で埋まっちゃうことも。

旅行に行っていないママ友からは、「なにこれ、自慢!?」と誤解を受けることもあるかもしれません。

同じ人の投稿でタイムラインが埋まっちゃうくらいに投稿頻度が高いと、「非表示」や「ブロック」もされやすくなりそう。

何度も投稿したい人は、いちいちFacebookには投稿せず、Twitterに呟いたほうがよさそうですね。

2・愚痴

「シルバーウィークなのに、パパが仕事でどこにも連れてってくれない」「子どもが発熱しちゃって旅行がキャンセル」などのちょっとした愚痴の投稿を見かけたことはありますか?

愚痴の投稿には、「いいね!」ボタンを押しにくいので、苦手意識を持っている人も意外といるようですよ。

あ、そうそう。 9/15には米Facebook社のザッカーバーグ氏が「ひどいね」(Dislike)ボタンの導入を発表しましたから、「ひどいね!」ボタンの機能が始まれば、愚痴投稿も受け入れられる社会になるかも!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント