アンリです。外の空気もずいぶんと暖かくなり、敏感肌の人にとっては肌がゆらぎやすい季節がやってきました。

花粉症に加えて4月は紫外線が増加し、大気の乾燥からいつもより肌のバリアが不安定になりがち。

普段のスキンケアでピリピリと刺激を感じたら、いつものケアは一旦お休みして、低刺激なコスメに切り替えてみませんか?

そんな時に便利なのが敏感肌コスメのトライアルセットです。

1週間分ほどのお試しサイズなら、1000円程度でラインで揃えることができ、敏感に傾いている一定期間だけ使うことができます。

一時的な敏感肌の場合は、敏感肌コスメを皮膚科でもらう塗り薬の感覚で使えて、使い切って肌状態が良くなったら、いつものスキンケアに戻ればいいと思います。

最近では敏感肌コスメは低刺激処方はもちろん、高保湿、エイジングケアなものも増えており、ブランド数も増えています。

ドラッグストアやバラエティストアでは、大人の女性が使える機能性の高い敏感肌コスメが増えているので、今回はその中から5つのブランドをご紹介していきます。

春のゆらぎ・敏感肌に使いたい5つのコスメ

ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク 100g  2000円

2018年のベストコスメを多数受賞したミノンの乳液。ドラックストアで手軽に買えるのがいいですね。

低刺激に加え、9種の保潤アミノ酸が角質層に浸透し、バリア機能をサポートします。

コクのある濃厚なテクスチャーの乳液が肌にのせるとスルスルと馴染み、ごわつきのある肌も柔らかく整えます。敏感になる前に、肌の乾燥を感じた時にも使いたい一品。

保湿力が高く、しぼんだ肌が弾力を増すように、翌朝ハリ感がアップ!コスパもいいので、全身に使いたくなる乳液です。

イホア トライアルセット 810円(税込)

イホアはフィンランド語で「皮膚」という意味だそうです。

汗は保湿効果の高い乳酸(天然保湿因子)などを含み、肌を潤すものですが、イホアはその汗の成分を研究したサウナ発想のスキンケア。

皮膚への親和性が高く、低刺激設計となっています。

素肌の保湿力を高める「乳酸保湿」で、肌にストレスをかけずに潤し、毛穴、キメ、透明感をもたらします。

ローションはさらっとしているのに肌がツルッとします。

その上に保湿ゲルをのばすとサラサラとするのにモチモチとしてきます。

保湿にこだわったスキンケアだけに潤い力が格段に高くなっています。

無香料なのですが、ふわっと漂う桃のような良い香りがします。

アンドミライ トライアルセット 1296円(税込)

「ブルーライト乾燥」や「スマホ無表情」など、現代の生活習慣による肌のハリ低下に着目したファンケルのスキンケア。

桜発酵チャージ成分や3つの精油成分で、肌の潤いやハリ、透明感にアプローチします。パラベン、合成香料不使用です。

こちらのトライアルセットは、洗顔、化粧水、ジェルクリームの3種。

化粧水が新製品の高保湿タイプとなっていて、このジェルがみずみずしく、肌にのせるとすっとローションに変化!

これだけでも潤い実感が違い、大人の乾燥肌にも潤いが戻ってきます。

桜色のパッケージのジェルクリームは一品4役で、潤いシールドでブルーライトの乾燥ダメージから肌を守ります。

肌がモチモチになり、メイクのりもアップ。朝のスキンケアにも最適です。

肌をうるおす 保湿トライアル 756 円(税込)

松山油脂の「肌をうるおす」シリーズから、シリーズ全8アイテムが試せる『保湿トライアル』が新登場しています。

そのうち『肌をうるおす 保湿浸透水』と『肌をうるおす 保湿乳液』が約5日分となっていて、こちらは低刺激処方に加え、大豆由来成分と5種類のセラミドで肌を保湿します。

ローションも乳液もサラサラとしたライトな触感ですが、その後のしっとり感が本当に心強いシリーズ。

肌がふっくらとして透明感がまします。水分と油分をバランスが整い、乾燥による吹き出物や赤みも落ち着きました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます