KDDI、高性能カメラを搭載した「Xperia」のフラッグシップモデル

2015.9.30 15:9配信
Xperia Z5

KDDIと沖縄セルラー電話は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォンのフラッグシップモデル「Xperia Z5」を、10月下旬に発売する。

「Xperia」史上最高の、有効画素数約2300万画素の「Exmor RS for mobile」イメージセンサによって、解像感の高い撮影を可能にするとともに、デジタル一眼カメラ「αシリーズ」のカメラ技術を活かした位相差方式とコントラスト方式を組み合わせた「ハイブリッドAF」を採用することで、スマートフォンでは世界最速の0.03秒のAF(オートフォーカス)速度を実現した。

新しい高画素カメラモジュールと、性能を向上した画像処理エンジン「BIONZ for mobile」を搭載し、解像感を保ちつつ約5倍までのズームを実現。ズーム倍率を数値表示することで、現在の倍率をわかりやすくした。

レンズには24mmの広角レンズを採用し、集合写真や風景撮影にも対応する。撮影機能としては、カメラがシーンを認識して最適な設定に自動調整する「プレミアムおまかせオート」に、新たに「明るさ」と「色合い」の調整機能を追加したほか、逆光など明暗差のあるシーンで、露出の異なる画像を重ね合わせて黒つぶれや白とびを防ぐHDR機能を備えるとともに、手ブレ補正機能の「インテリジェントアクティブモード」がより小刻みなブレを補正し、自転車に装着してもブレを抑えて安定した動画を撮影できる。

音楽再生機能では、新たにハイレゾ音源の再生に対応。さらに、別売のノイズキャンセリング機能搭載ハイレゾ対応ヘッドセット「MDR-NC750」と組み合わせることで、周囲の騒音を感知して、騒音を最大約98%低減しながらハイレゾ音源を楽しめる。

本体は、IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防じん性能を備えており、つや消し処理を施したフロントガラスの奥行きと深みと、繊細なマット感による新しい上質感で、日常の生活に調和するデザインを目指した。また、新たに指紋センサによるロック解除機能を採用する。

CPUにはオクタコアのMSM8994を採用し、5.2インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、3GBのメモリ、32GBのストレージを搭載している。インターフェースは、microUSB×1、MHL出力×1、約2300万画素/約510万画素のカメラ、microSDXC/microSDHC/microSDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。OSはAndroid 5.1。

バッテリ駆動時間は、連続通話が約1250分、連続待受が約500時間で、充電時間は約130分。サイズは幅72.0×高さ146.0×奥行き7.3mmで、重さは約154g。カラーは、ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング