「最近彼が冷たい」「何か前とは違う」と感じると「私に興味なくなったのかな~」と思い悩む女性は少なくありません。

付き合いはじめたばかりはあんなにドキドキして盛り上がっていたのに、時間が経つとマンネリ化して倦怠期を迎えることもありますが、それは珍しいことではなく、その倦怠期をどう乗り越えるかが課題とも言えます。

その倦怠期の代表格と言えば「飽き」ですが、彼にどんな言動が見られたら飽きたというサインなのでしょうか。

そこで今回は、彼女に飽き始めた男性にみられる言動10個と、その対処法についてお伝えします。

彼にこんな言動が見られたら要注意!

デートの回数が減る

「今度〇〇へ行かない?」と誘っても、「いいよ」とすんなり返事をしなかったり、「今週末お家へ行ってもいい?」と聞いても「疲れてるから寝たい」と言ってくるなど、彼の態度に違和感を感じるようになったらそれは要注意です。

デートをしたがらないのは、飽きてきているサインとも言えますから、遠回しでもデートを断るような素振りがあったら飽きさせない対策が必要ですね。

笑顔が減る

一緒にいて楽しいと自然に笑顔は出るものですが、その笑顔がなくなってくるとそれは飽きてきている証拠かもしれません。

一緒にいるのが当たり前になってくると、刺激も少なくなり楽しさも薄れてくるものです。笑顔の減少は「飽き」のバロメーターと言えるかもしれません。

目を見て会話しなくなる

彼だけではなく、自分に置き換えてみても言えることですが、興味がある相手とは目を見て話そうとするはずです。それがないのは相手に興味がない証拠。会話の際、彼と目が合わなくなってきたら少し注意が必要ですね。

LINE「未読スルー」返信も「雑」

以前は送ったLINEも速攻で返ってきてたのに、最近は未読スルーされることが多くなってきたという場合も注意が必要です。

既読スルーはあからさまで感じが悪いものですが、「未読スルー」は「気づかなかった」「忙しかった」と言い訳ができてしまうもの。彼女に対しての優先順位が低くなっている証拠とも言えます。

またLINEの返信が「はい」「了解!」だけなど、雑になってきたと感じたらそれも飽き始めたサインかもしれません。

「忙しい」が口癖になる

仕事が忙しい、趣味で忙しいの「忙しい」という言葉は、相手を気遣いながらも相手を傷つけず断るには最適な言葉です。

たまに「忙しい」と言われるのであれば納得もできますが、それが口癖のようになってくると、それは飽きのサインである可能性が高いと言えます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます