「出会いがない」「いい人がいない」と口癖のように言う人は少なくありません。でも、ちょっと待って!

どこかに勤めている人なら、毎日必ず外へ出ていますよね。つまり、毎日職場へ行っているはず。

そう考えると、実は出会いはあるものです。毎日出会っているし、誰かと交流していると言っても過言ではないのです。

ただ、中には「バレないように付き合わないといけないのが大変」「別れた後が面倒なことになる、気まずい」など、職場恋愛を否定的に見る方もいるかもしれません。

でも、職場恋愛こそ、とても素晴らしい婚活の場なんです。交際中も、結婚後もポジティブな要素がいっぱい。今回は、職場恋愛をおすすめする理由をご紹介します。

1: 恋活・婚活に時間を割かなくてもいい

職場で恋人・結婚相手を見つけるのは、第一に効率がいいです。言い換えれば、毎日必ず行く先で、仕事をする傍ら恋活・婚活をすると考えると一石二鳥。

もし、職場外で恋活・婚活をするなら、マッチングアプリや結婚相談所、知り合いからの紹介、飲み会など、恋活・婚活のための時間を別途、設けなくてはなりません。

たとえば、マッチングアプリ。これもなかなか時間がかかります。来たメッセージに返信して、自分でも相手を検索し、「いいな」と思った相手にメッセージを送って、何度もやりとりして、実際に会って…と、やることが山積みです。

仕事をしながら活動するのは意外と大変。でも、職場なら毎日過ごす場であり、仕事をしながら自然と相手探しができるわけですよね。

実際、仕事の後などに恋活・婚活をしている人からは「忙しい」「大変なのに上手くいかないと落ち込む」などの声を聞きます。

職場恋愛ならば、こういった恋活・婚活に時間を取られて疲れる、といった状況を防ぐことができます。

2: 生き様を間近で見られる

仕事にはその人の生き様が現れます。もっとわかりやすく言うと、仕事の仕方には人間性が現れます。

たとえば、雑なやり方で不備が多い人、注意深さの欠片もない人、“とりあえず上から言われたことだけやればいい”派のあまりやる気がない人、関係者のことを思った丁寧な仕事をする人、やる気に満ち溢れている上昇志向のある人、俯瞰的な視点で成果物を仕上げる人など、いろいろなタイプがいます。

多様性があるのは当たり前ですが、自分の仕事のやり方、つまりは生き様が近い相手のほうが、将来を共にするパートナーに相応しいはず。というのも、思想や考え方が自分に近いからです。

交際中はもちろん、それより長く続くと考えられる結婚後、思想や考え方があまりにも自分からかけ離れていると、一緒に生きていくのはなかなか大変ともいえます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます