【村上隆展】“五百羅漢図”日本初公開! 村上ワールド爆発の“大規模個展”体験レポ【写真満載】

2015.11.6 11:00

日本を代表する現代美術家・村上隆氏の本格的な個展が日本で14年ぶりに開催! 震災がきっかけで制作された、日本初公開となる全長100m超えの《五百羅漢図》のほか、村上氏の自画像や新キャラクターも登場! 村上隆ワールドに潜入!

日本を代表する現代美術家・村上隆氏の本格的な個展が日本で14年ぶりに開催されています!
村上隆の“ある想い”がこめられた日本初公開となる全長100m超えの《五百羅漢図》のほか、本展のために用意された新作約30点。村上氏のポートレートや「ゲロタン」などのキャラクター作品、ドクロ、彫刻といった、村上隆氏の「今」をたっぷり味わってきました!

村上隆の五百羅漢図展/2015年10月31日(土)~2016年3月6日(日) 森美術館

“オタク”的作品はなし? 14年ぶりの巨大個展

村上隆氏は、1991年に現代美術家としてデビューして以来、四半世紀に渡って現代アートの最前線で活躍してきました。

世界的にも高い評価を得ている村上氏ですが、日本で本格的な個展が開催されるのは実に14年ぶり。今回の「村上隆の五百羅漢図展」では、作品点数約50点のうち、村上氏の作品は約40点。その中でも30点程度が本展のために用意された新作です。

「村上隆の五百羅漢図展」は、村上氏本人の希望で「今の村上隆を見せる」構成になっています。村上氏から連想される「お花」や「オタク」などの作品は一切無し。しかし、展示作品のボリュームとクオリティーは、まさに村上氏の画業の集大成。村上隆ファンだけでなく、アートに興味ある人なら誰もが必ず楽しめます。

全長30mの“村上隆ベストアルバム”も!

「展示作品は時代を語るものでなければならない」というのは村上氏のポリシーです。そこで重要になるのがポートレートです。「村上隆の五百羅漢図展」も、村上氏のポートレートである「円相」シリーズから始まります。

村上隆の五百羅漢図展©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

「円相」シリーズでは、最初は緻密に自画像が描かれますが、最終的には抽象的な模様になります。そこには村上氏の心境の変化が込められています。

同じ空間に展示されるのは、村上氏の「ベストアルバム」ともいえる作品。3つの壁面で1つの作品を構成します。

村上隆の五百羅漢図展©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

全部で30mの作品中では、日本の伝統とサブカルチャーが融合。村上氏が今まで描いてきた新旧の図像が描かれています。そして、それらの中央に位置する彫刻が《宇宙の産声》です。

村上隆の五百羅漢図展©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

彫刻的な実験を行いつつ10年かけて制作しているこの作品は未完成。歯が1200本、目が350個、ひげが105本という作り込みにもかかわらず、下や裏がまだできていないそうです。近代的なものが崩れていくイメージを象徴する《宇宙の産声》は、角度を変えて眺めるたびに新たな発見があります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング