「重い女」と聞くと「面倒くさい」と感じる人は多いと思いますが、中にはウザいけれどそこが可愛い、と思われる女性もいます。

男性が受け止められるのは、愛情は確かに重いけれど、自分の気持ちもきちんと汲んでもらえているから。

慣れてしまえば、ウザいくらいの愛情表現も彼女の個性!?

男性が「重いけれど可愛いな」と思う彼女の行動について、ご紹介します。

重いけど可愛い、彼女の行動って?

1.毎日のお弁当はハートのご飯

「料理が好きな彼女。付き合い始めてからすぐにお弁当を作ってくれるようになって、本当に助かっています。

が、お弁当のご飯や卵焼きをハート型にしてみたり、ギャグみたいに『スキ』って海苔で切ってみたり、正直、職場で開けるには勇気がいるお弁当で。

やんわりと『普通でいいよ』と言ったことがあるけど、『これが普通だけど?』と返されて諦めました。

周りには笑われますが、味はいいし栄養のバランスも考えてくれるし、やっぱり感謝しかありません」(25歳/公務員)

こちらのお弁当、実際に写真を見たことがあるのですが、本当にご飯がハート型に抜かれていてとても可愛らしいもの。

確かに男性が職場で食べるには恥ずかしさが先に立つかもしれませんが、愛情が込められていることはひと目でわかります。

周りにはきっと羨ましいと思う人もいるはず……。

2.下着まで管理!?

「俺がズボラで、部屋の片付けとか身の回りのことがきちんとできないのを見かねた彼女、『穴が空いたら捨てて!』と靴下やら下着まで買ってくるようになりました。

正直、最初はオカンみたいでウザいと思うときもあったけど、それから会社で身だしなみを褒められるようになって。

なにげに俺に似合う色とか考えてくれているんですよね。ハンカチを持ち歩くなんて昔の自分じゃ考えられないけど、今の俺は彼女のおかげです」(28歳/営業)

ひとり暮らしの男性の場合、家事や細かい身だしなみなどなかなか手が回らないこともあると思いますが、それを助けてくれるのが彼女の存在。

下着まで管理されるなんて、こちらの彼氏は『彼女なのにやりすぎだろ』と感じるときもあったそうですが、実際に周りの人に褒められるようになってから意識が変わったそう。

これからは、彼女に甘えすぎずに自分でも動けるようになりたいですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます