誰かが誰かにアドバイスをする。職場や学校、サークル活動などでもよくある光景ですよね。

このアドバイスをするタイミングにも、男女で傾向に違いがあるのです。詳しく解説します。

男女で違う、アドバイスのタイミング

女性は「こうすればもっと良くなる」と思ったタイミングでアドバイスをすることが多いです。

「このままでも大丈夫だけど、さらにこれもできるといいなぁ」をどんどん付け加えたくなっていくのです。そして、もっと良くするにはどうしたら良いかをアドバイスします。

一方、男性が相手にアドバイスをするタイミングは「相手が困っているとき」が多いです。

というのも、男性は問題解決型の考え方をする傾向があるからです。問題が発生してから、解決策を伝える。問題が発生しないのであれば、とりあえず放っておく。

あくまでも、困っているからアドバイスをするというのが多くの男性の基本姿勢なのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます