ドコモが新ガラケー投入、パナソニック製で超大文字表示や歩数計など搭載

2015.11.25 17:45配信
ドコモ ケータイ P-01H

NTTドコモは、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)の新製品としてパナソニックモバイルコミュニケーションズ製の「ドコモ ケータイ P-01H」を11月27日に発売する。カラーは、ゴールド、ダークメタル、ホワイト、レッドの4色。

3.4インチで解像度480×854ドットの大画面液晶ディスプレイを備える2つ折り端末。メールの作成や閲覧、電話帳表示で「超大文字(80ドットフォント)」表示ができる。メニュー画面は7種類から選べ、明るい日射しの下などでも写真やメニュー画面を見やすくする「屋外モード」を搭載する。

本体には、歩数や消費カロリー、脂肪燃焼量を週間・月間データを表示できる歩数計機能を備えており、歩数計のデータは「マルチワンタッチボタン」で表示可能。待受画面に常時表示することもできる。さまざまな機器との連携が可能なBluetooth 2.0+EDRや、「おサイフケータイ」にも対応する。

このほか、事前登録した宛先に、指定時間に歩数計のデータや端末の開閉回数、電池残量といった利用状況をメールで知らせる「みまもりメール」機能や、IPX5/7準拠の防水・防じん機能、ワンセグの視聴・録画機能などを備える。

対応メディアは最大32GBまでのmicroSDHC/microSDカード。バッテリ駆動時間は、連続通話が約250分、連続待受が約750時間。サイズは幅51.0×高さ112.0×奥行き15.3mmで、重さは約123g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング