「Android厳選アプリ」シリーズのうち3製品をプリペイドカード形式で販売

ソースネクスト、ティーガイア、日本ユニシスは、ソースネクストのAndroidスマートフォン向けアプリ3製品を、店舗のレジで入金処理をすることで使用できるようになるギフト・プリペイドカード形式で販売する。4月10日のティーガイア直営携帯販売店を皮切りに、ティーガイアと日本ユニシスのギフトカード販売店「ギフトカードモール」で順次販売を開始する。将来は、他形態の店舗を含めて1000店舗での取り扱いを目指す。

販売するアプリは、ソースネクストの「Android厳選アプリ」シリーズのうち、自動でバッテリ消費を抑える「超節電」、電話帳からアプリまでをバックアップする「超保存」、定番ゲーム5本が楽しめる「麻雀・将棋・囲碁(他2タイトル)」の3製品。

指定のウェブサイトにアクセスし、カードに記載されているシリアルキーを入力すると、アプリがインストールできる。スマートフォンでのインターネット決済の必要がないので、安心して利用することができる。

価格は、「超節電」と「超保存」が1980円、「麻雀・将棋・囲碁(他2タイトル)」が1500円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます