多くの男女が集まる婚活パーティーは、複数の男性に一度に出会えるのが最大のメリット。出会いの場として、積極的に活用したいものです。

大勢が集まるということは、その中から選ばれることが肝心です。

限られた時間の中、多くの女性の中から選ばれるためには、いかに第一印象で好感を持ってもらうかがカギとなりますが、なかには「美人なのに、何故か男性から選ばれない」という人もいます。

こうした、ルックスがよくても選ばれない女性は、どんな行動をしているのでしょうか?

美人でも選ばれない女性がやっている行動6選

1: 女性グループで話しこんでいる

婚活パーティーで、一番もったいない行動。それは、女性同士でグループを作って話しこんでしまうこと。

こうした女子グループを作られてしまうと、男性は話しかけづらく、お目当ての女性がいてもきっかけをつかむことができません。

婚活パーティーは、異性との出会いの場。そこで女子会をはじめるのだけは、止めましょう。

女友達を作るなら、他にいくらでも手段があります。ぜひ、積極的に男性との交流を楽しんでください。

2: 「いい男性がいない」と、最初から諦めモード

最初から「今日はいい男性がいない」とやる気を失い、諦めモードの女性は、美人でも選ばれません。

「つまんない」「早く帰りたい」「面倒くさくなってきた」どんなに美人でも、こうした不満は態度に出てしまい、それが男性に伝わってしまいます。

男性の良さは、短い時間では到底、判断できないものです。最初から諦めていては、男性の良さを見る目が育ちません。

どんな状況であれ、そこに行くことを決めたのは自分です。たとえ、恋愛に発展しなくても、どんなご縁に発展するかわかりません。

せめて、その場にいる人たちと楽しく過ごしましょう。

3: 男性をバカにした態度

どんなに美人でも、男性をバカにした態度をとる女性は、選ばれません。

ルックスのいい女性は、プライドが高くなる傾向があります。

こうした女性は、男性に求めるスペックもハイレベル。男性を目の前にしたときに、無意識に、自分の基準を満たす男性なのかを判断してしまいがちです。

「自分の求める基準に満たない」と判断すると、態度が素っ気なくなり、それは当然、男性にも伝わります。

こうした女性は、まず男性をジャッジする癖に気づき、人として仲良くなろうという思いで接してみてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます