恋人だからこその愛情表現。でも。彼氏は内心「うわー…」と思っているかもしれません。

愛情ゆえだと分かっているけど「これは度が過ぎてるよ…」と彼氏がドン引きしてしまう愛情表現についてご紹介します。

彼氏ドン引き!彼女の「やりすぎな愛情表現」

彼氏の周りの女性を排除する

「彼女は僕の同僚の女性の情報を知りたがるし、『彼女がいるってちゃんと言ってるよね?』と確認します」(Eさん・34歳)

彼氏の職場の女性について知りたがったり、写真を見たがるのはルックスをチェックするため。美人なら危機感を抱くので「その人、きっと彼氏いるよ」と先手を打っておくことを忘れません。それと同時に「きっと性格が悪いよ」と彼氏に吹き込んでおくのです。

彼氏に研修や休日出勤、プロジェクトなどがあれば、その都度「〇〇さんもいっしょなの?」と、警戒を怠りません。

もちろん彼氏の女友達も排除。昔からの友達でもかまわず「すっぱり切って」と言ったり悪口を言うのは当たり前。

Eさんは、今ではそんな彼女に慣れてしまったそうですが、慣れる前にイヤになってしまう危険性もあるのでほどほどにしましょう。

彼氏の友達を取捨選択する

「あの人はいいけど〇〇君はよくない」と、彼氏の男友達を勝手に判断します。それは彼氏のためを思うから。彼氏に悪影響を及ぼす友達は友達じゃない。

余計なことなのですが、言わずにいられないのは愛なのです。女遊びをしないように、チャラい友達や、彼女がいない友達とは付き合わないように勧めることもよくあります。

アポなしで彼氏の出先に現れる

彼氏が出かけることを知っていてそこに現れる場合と、SNSの投稿から推理して現れる場合の二通りがありますが、かなりの行動力と推理力ですよね。

彼女が現れたことに彼氏が驚くと、「現れたらいけないの?」と怒りますが、彼氏だけならまだしも友達や知人が一緒だったら……。彼氏がドン引きすることに加え、気を使わせてしまうことも。彼氏を困らせるのはやりすぎです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます