【V系】Blu-BiLLioNの成長を見た! 東京メルパルクホール・ツアー最終日ライブレポート

2015.12.10 11:00

12月4日、東京メルパルクホールにて開催されたBlu-BiLLioNのワンマンツアー「Beyond the GENESIS」のファイナル公演のもようをレポートします。全国13カ所をまわった全国ツアーを経て、彼らはどんな成長をみせてくれたのでしょうか?

Blu-BiLLioN (撮影・河井彩美)Blu-BiLLioN (撮影・河井彩美

Blu-BiLLioNのワンマンツアー「Beyond the GENESIS」のファイナル公演が12月4日、東京メルパルクホールにて開催されました。
アルバム『GENESIS』の名前を冠した彼らにとって初の全国ワンマンツアー、その集大成であるファイナル公演に多数のcolors(Blu-BiLLioNのファン)が会場に足を運んでいました。

Blu-BiLLioN・ミケ(Vo)Blu-BiLLioN・ミケ(Vo)

客電が落ちると、バンドのイメージカラーである青に染まったペンライトがフロア中に広がり、「ああ、Blu-BiLLioNのこれがライブだな」という気持ちにさせられました。

そしてSEとともにメンバーが登場。「最高1日にしよう!」とミケ(Vo)の力強い声から1曲目は『コノセカイ』。目の前が開けるような明るいメロディと「闇を抜けて 自分の手で 変えていく 此の世界」という歌詞に感じられる強い意志。アルバムの1曲目でもあり、ツアーファイナルの幕開けにピッタリの曲です。そしてサビでミケのマイクでコーラスをする珀(B)とのコンビネーションも抜群。

続いてフロアが高く拳を突き上げる『Aqua』、ミケの「俺と一緒に踊ろうぜ!」という言葉からダンサブルな『Miss Marmaid』とアップテンポなナンバーが続きます。

Blu-BiLLioN・mag(G)Blu-BiLLioN・mag(G)


これまで筆者は“聴かせる”ことの得意なバンドだと思っていました。そしてそれは逆に”盛り上げる”ことは少し不得手なのでは?と感じている部分でもありました。

Blu-BiLLioNの”聴かせる”楽曲たちはこの”暴れる”楽曲が主流のシーンの中では異色で、たしかにそれは魅力的な独自部分ではあるのだけど、イベントなどで今風の”暴れる”バンドなどと一緒に出演すると、ややおとなしめに感じてしまう印象を持つこともありました。

しかしその心配もこの日のライブの序盤で吹き飛びました。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング