オリエンタルランドの株主総会招集通知 ©Disney

年間入園者数が3,000万人を超える、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー。

そんな大人気のテーマパークを運営しているのが、株式会社オリエンタルランドです。

就職活動の人気企業ランキングでも、上位にランクインし続けています。

今回はオリエンタルランドの株主限定特典と、株の買い方について皆さんにご紹介します。

オリエンタルランドはディズニーじゃない?

海外のディズニーパークは、すべてウォルト・ディズニー・カンパニー(ディズニー社)のグループ会社、もしくはその出資を受けた会社によって運営されています。

勘違いをしている方が多いのですが、実はオリエンタルランドは、ディズニー社の子会社ではありません。

オリエンタルランドはディズニー社と「ライセンス契約」を結んで、東京ディズニーリゾートを運営しているのです。

仕組みとしては、ディズニー社から権利を借りて、パークの収益の一部を「ライセンス料(ロイヤルティー)」として支払っています。

その金額はなんと、年間で約311億円(2018年度)にもなります。

ちなみに、ウォルト・ディズニー・カンパニーの日本法人として、ウォルト・ディズニー・ジャパンという会社があります。

こちらは、ディズニー映画の配給やプロモーション活動、ディズニーストアの運営などを行っていて、オリエンタルランドとは別会社です。

そもそも「株(株式)」って何?

会社を経営するためには、お金が必要になります。

お金を集める方法はいくつかあるのですが、その中の一つが「株式を発行して、それを買ってもらう」というものです。

株式を買った人は「株主」となり、その会社のオーナーとなります。

「会社は株主のもの」と言われることがあるのですが、これは株主が経営に必要なお金を出している(出資している)からなのです。

東京ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドも「株式会社」です。

オリエンタルランドは、東京証券取引所の第1部に上場している「上場企業」ですので、お金さえあれば、自由に株式を売り買いすることができます。

オリエンタルランドの株を買ったら、どうなるの?

保有株式数に応じてもらえる「株主用パスポート」 ©Disney

「ディズニーが好きだから、オリエンタルランドの株を買ってみたい!」

「『かぶぬしゆうたい』ってやつで、パークチケットがもらえるって聞いたけど…」

そんな方もいるのではないでしょうか。

それでは、オリエンタルランドの株を買ったら、どんな特典があるのでしょうか。

  1. 年に1回の「株主総会」に出席できる。
  2. 配当金がもらえる。
  3. 「株主優待パスポート」がもらえる。
  4. 「株主通信」が送られてくる。

以上4つを、順番に見ていくことにしましょう。

年に1回の「株主総会」に出席できる

「株主総会」とは、幹部の人事や今後の経営方針などについて、経営陣から株主へ説明を行い、株主に承認してもらう重要なイベントです。

経営陣から話を聞ける貴重な機会ですので、平日でも多くの株主が参加しています。

質疑応答の時間も用意されており、株主から経営陣に対して、経営やパーク運営についての質問・意見がたくさん寄せられます。

配当金がもらえる

会社が儲かったとき、その利益を株主が受け取れるのが「配当金」です。

オリエンタルランドの場合、2018年度は1株あたり42円の配当金がありました。

100株持っていると、1年間に4,200円の配当金が受け取れる計算です。

なお、配当金には税金(所得税・住民税)がかかります。

「株主優待パスポート」がもらえる

上場企業では配当金に加えて、株主へ自社の商品や金券といった「株主優待」を配っています。

オリエンタルランドでも、保有している株式数に応じて、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのいずれかで1日使える「株主用パスポート」を発行しています。

もらえる時期や枚数については、保有している株式数によって変わってきます。

詳しくは、オリエンタルランドの公式ウェブサイトをご確認ください。

株主用パスポートは、通常のチケットとはデザインが違いますので、プレミアム感がありますね。

「株主通信」が送られてくる

配当金や株主用パスポートと同じく、株主に向けて年に2回「株主通信」が送られてきます。

これは、経営方針から東京ディズニーリゾートのイベント情報まで、幅広く紹介されている冊子です。

これを読むだけで、オリエンタルランドの経営陣がどんなことを考えているのかが、よく分かるようになっています。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます