「mineo」でパケットのシェア機能提供、データ節約アプリにウィジェットも

2015.12.17 18:10配信
「フリータンク」のイメージ

ケイ・オプティコムは12月17日、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」において、全国のmineoユーザーでパケットをシェアできる「フリータンク」の提供を開始した。また、グランフロント大阪内のmineoアンテナショップでの即日契約申込受付と、データ容量節約アプリ「mineoスイッチ」へのウィジェット機能の追加もあわせて行う。

「フリータンク」は、全国のmineoユーザー同士で、有効期限が迫っている余ったパケットの共有や、足りないパケットを引き出して使用可能なパケット共有サービス。

パケットの受け渡しは、コミュニティサイト「マイネ王」で行い、パケットを入れる場合は月に計10GBまで、パケットを引き出す場合は月に2回、計1GBまでの制限がある。また、パケットが引き出せるのは毎月21日~末日の期間。

「フリータンク」の提供にあわせて、「マイネ王」でのメッセージなどのやり取り時に、感謝の気持ちやよいアイデアに対する賞賛に代わって、自身のパケット10MBを贈れる「チップ」機能も追加した。チップ送信回数は、パケット残量の範囲内なら無制限で、受け取り側は回数、容量とも制限を設けない。

グランフロント大阪内のmineoアンテナショップは、12月17日にリニューアルオープンし、店頭での新規申込、SIMの引き渡し、端末の購入をできるようにした。開館時間は10時~20時(即日契約の受付は18時まで)で、休館日は毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始。

このほか、データ容量節約アプリ「mineoスイッチ」のAndroid版には、アプリを起動することなくパケットの使用状況などを確認可能なウィジェット機能を追加した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング