ソフトバンクグループの「復興支援ソフトバンク商品券」、政府の「復興支援・住宅エコポイント」と交換

2012.4.16 17:40配信
「復興支援ソフトバンク商品券」の提供イメージ

ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ヤフー、ソフトバンクギフトは、国土交通省・環境省などが4月23日から開始する「復興支援・住宅エコポイント」と交換できる金券「復興支援ソフトバンク商品券」を発行する。

政府が実施する「復興支援・住宅エコポイント」は、被災地復興支援と住宅市場の活性化、住宅の省エネ化を目的に、エコ住宅の新築またはエコリフォームに対して発行するポイント。復興支援商品やエコ商品と交換できる。

「復興支援ソフトバンク商品券」は、ソフトバンクギフトが復興支援・住宅エコポイント交換事業者として登録。Yahoo! JAPANが事務局の東北地方特産品などのインターネット総合百貨店「復興デパートメント」での買い物や、被災地域のソフトバンクモバイルでの機種代金、付属品、携帯電話アクセサリなどと「復興支援・住宅エコポイント」を交換できるようにする。

対象者は、エコ住宅の新築またはエコリフォームを行い「復興支援・住宅エコポイント」を申請した人。「エコポイント」1ポイント=「復興支援ソフトバンク商品券」1円として、1000ポイントから交換を受け付ける。1000円、2000円、3000円、5000円、1万円、3万円、5万円の単位で交換できる。

「復興支援・住宅エコポイント」から「復興支援ソフトバンク商品券」への交換は、国土交通省が運営する住宅エコポイント事務局に申請後、申請時に登録した電子メールアドレス宛に「復興支援ソフトバンク商品券」の電子金券のQRコードを添付したメールがソフトバンクギフトから送付されるという流れ。「復興支援ソフトバンク商品券」は、紙で発行し、申請時に記載した住所に郵送することも可能だが、住宅エコポイント1000ポイント(1000円分)の手数料が発生する。また、紙の「復興支援ソフトバンク商品券」を利用して商品を購入した場合、釣り銭は出ない。

申請期間は、12年4月23日から15年1月末。利用期間は12年4月23日から16年1月末まで。発行後の利用可能期間は1年間。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング