連日、猛暑が続いていますが、夏のレジャーの定番と言えばなんといってもバーベキューやキャンプというようなアウトドア。

「今年こそはキャンプデビューしたい」と考えている初心者のママさんや、独身時代はキャンプなどに出かけていて、子どもができてからは離れてしまっているというママさんも、今のキャンプ用品は進化して、とても便利なものになっているのです!

最近は、女性でも簡単に建てられるテントや、イスとテーブルがセットになったオールインファニチャー、遮光性の高いシェードなど、性能に優れたキャンプ用品が人気のようです。

またベランダでアウトドアを楽しむベランピングや、野外でバースデーパーティーを行う様子もインスタグラムなどで見かけます。

今回は、親子キャンプの達人でもあるコールマンジャパンの梅園さんに、キャンプ用品のトレンドを、教えて貰いました。

今年のトレンドは #ベランピング #おうち使い

ゆっくりと野外で料理を楽しむのもキャンプの醍醐味。

「最近のキャンプのトレンドは、家でも使えたり、ベランダなどを利用してキャンプ気分を味わるベランピングなど、非日常というよりは、キャンプ用品の日常使いが定着してきていますね。以前より、キャンプが身近になってきています。

インスタグラムでは、#ベランピング #おうち使いというタグでキャンプ用品を使った画像がたくさんアップされています。

今はローチェア、低いものが主流

もしもキャンプやブランピングでキャンプ用品を使うなら、テーブルとイスは必須です。以前は、椅子はハイチェアでしたが、今はローチェア、低いものが主流です。ローチェアなら、そのままの高さで子供も利用することができるので、ファミリー層に人気です。

大人もローチェアなら、子どもと目線も同じになります。普段はゆっくりとした時間を子どもと過ごす時間がないワーママさんは、ぜひ野外の開放感のある場所で一緒に子どもと会話を楽しんでみてください。

絵本を読むなど、部屋の中でできる遊びも野外で行うと新たな楽しみが見つかりますよ!

新しくキャンプ用品を追加するなら、家族分のローチェアがお薦めです」。

チェアリングも人気。

コールマンの製品の中から選ぶと

  • ナチュラルモザイク ファミリーリビング セットプラス(オールインファニチャー)
  • ツーウェイキャプテンチェア(ローチェア)
  • ナチュラルウッドロールテーブル(ローテーブル)

がお薦めです。

まずは、家庭でも使えそうなキャンプ用品を検討している場合は、イスやテーブルから揃えてみては?

猛暑におすすめは『ダークルームテクノロジー』テント

ダークルームテクノロージーは、涼しさも抜群。

いざ、キャンプに出掛けようと思うと、ついあれもこれもとすべて揃えようとして、キャンプ自体のハードルが高くなってしまいそうです。引き続き、コールマンジャパンの梅園さんに、子どもとキャンプデビューする時に必要なものを、教えて貰いました。

「子どもと一緒にキャンプデビューをしようと思っている家族の場合、もしかしたら独身時代のテントなどが手元にあるかもしれません。もしも、これからファミリーキャンプを考えているのならより高性能のテントへの買い替えをお勧めします。

『ダークルームテクノロジー』は、遮光性に優れた素材で光を90パーセントブロックします。猛暑の今年は、特におススメですね。

通常のタープやテントに入った後に、この「ダークルーム」のテントに入ると、その涼感に驚くはずです。まだ小さい子供がいる家族にとっては、紫外線対策ができるテントは必須ではないでしょうか」。

確かに、この体験会では『ダークルームテクノロジー』のテントと、通常のテントと両方を体感しましたが、『ダークルームテクノロジー』のひんやりとした涼感は別空間にいるように感じるほど。子どもは体温が高いので、テントを選ぶ際には遮光性の高いものを選ぶと長く使えそうです。

  • パーティーシェード DX(遮光性の高いテント)

が大きくて使い勝手も良くてお薦めです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます