ユニバーサルスタジオジャパン「ザ・フライング・ダイナソー」ユニバーサルスタジオジャパン「ザ・フライング・ダイナソー」

ユニバーサルスタジオジャパンでは2016年3月18日(金)に“RE-BOOOOOOOON(リ・ボーン)! さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。”をテーマにした15周年イベントがスタート。

15周年「やり過ぎ」エンターテイメント第1弾として世界最長×世界最大高低差を誇るフライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」がオープンしました。

まさに世界最高なコースター、そして恐竜に出会える「やり過ぎ」エンターテイメントの模様をレポートします。

絶対に体験したい! 世界最高の爽快感

ユニバーサルスタジオジャパン「ザ・フライング・ダイナソー」ユニバーサルスタジオジャパン「ザ・フライング・ダイナソー」

「ザ・フライング・ダイナソー」は起伏の激しい世界最長のコースを走るフライング・コースター。

映画『ジュラシック・パーク』の世界観の中で、「プテラノドンに背中を掴まれて空を飛ぶ」アトラクションです。

ひねりやループも加わり、ユニバーサルスタジオジャパンの中でも最高峰のスリルライドですが、乗ってみると恐怖や酔いよりも“爽快感”が強いアトラクションでした。

まさに空を飛んでいる浮遊感が味わえ、何度でも連続して乗りたくなります。

ジュラシック・パークの世界観を飛び回り、ラグーンに落下するような感覚があったり、仰向けになったまま狭い洞窟に入り込んだり、スリルと爽快感が絶妙にマッチした、素晴らしいコースターです。

とはいえ、乗り終わった後に購入できるライドフォトを見てみると、今までのどんなアトラクションよりも絶叫している顔が写っていました。

まさに「やり過ぎ」で、心の底から「生き返る」爽快感は15周年のユニバーサルスタジオジャパンで絶対に体験しておきたいものです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます