KDDI、「auスマートパス」会員にau損保の「自転車保険」を無料提供

2012.4.26 20:32配信
「auスマートパス」→「安心・セキュリティ」→「無料でもらえる自転車保険」の順にアクセスして申し込む(画面イメージ)

KDDIと沖縄セルラーは、5月1日から、Android搭載スマートフォン向けサービス「auスマートパス」の会員を対象に、au損害保険(au損保)が提供する「自転車保険」を無料で提供する。

対象者は、「auスマートパス」の会員で、「ISNET」に加入している20歳以上64歳以下の個人。「利用者登録制度」によって登録している利用者が、対象外の20歳未満または65歳以上の場合は、au契約者が補償の対象者(被保険者)となる。

保険の内容は、自転車にかかわる事故が原因で3日以上入院した場合に、1万5000円の入院一時金を支払うスタンダード傷害保険(KDDIを包括契約者とする自転車搭乗中等のみ特約付きスタンダード傷害保険)。傷害事故の範囲は、「自転車に乗っている間の事故」と「自転車に乗っていない時に運行中の自転車と衝突、接触した事故」で、補償期間は申込み日の翌月1日から1年間(毎月月末日の23時以降に申し込んだ場合は、翌々月1日から1年間)。

「auスマートパス」は月額390円の定額で、500本以上のアプリが使い放題になるサービス。10GBのオンラインストレージ「au Cloud」や割引クーポン、ポイントサービス、サポートサービスなども利用できる。3月1日にサービスを開始し、3月27日時点で会員数は50万を突破した。対応機種は、「IS01」を除くAndroid搭載スマートフォン。

KDDIと沖縄セルラーは、保険料月々100円からの廉価な自転車保険の販売をはじめ、自転車の「ルール・マナーを守ること、事故をなくすこと」を啓発するau損保のCSR活動「スマートサイクリングプロジェクト」の取り組みに賛同しており、今回、自転車保険を「auスマートパス」のサービスラインアップに追加した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング