撮影:田中聖太郎、ヤマダマサヒロ

韓国出身のロックバンドFTISLANDが9月1日、千葉・幕張メッセ イベントホールで日本ツアー「2019 FTISLAND JAPAN ENCORE LIVE -ARIGATO-」のファイナル公演を行った。

同公演は、4月4日から5月5日まで開催された13本の全国ツアー「FTISLAND JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES-」のアンコールライブで、グランキューブ大阪と幕張メッセイベントホールで計4公演が行われたが、かねてから“入隊前最後”と謳われていたラストライブということもあり、全公演が即日でソールドアウトした。

これからリリースされる新曲をファンへプレゼント

撮影:田中聖太郎、ヤマダマサヒロ

「FIVE TREASURES」ツアーから約4ヵ月空いてのアンコール。基本構成は変わっていないが、約半数の曲が入れ替えられ、初パフォーマンス曲や、日韓でこれからリリースされる新曲もファンへのプレゼントとして披露された。

ダブルアンコールを含めて24曲、来年5月に日本メジャーデビュー10周年を迎えるFTISLANDの歴史を総括するようなセットリストを全身全霊でプレイした4人のメンバーたち。最後は、9月30日に入隊が決まったボーカルのイ・ホンギが「10年間、ありがとう! 行ってきます!」と笑顔でファンに別れを告げた。

ソン・スンヒョン(G&Vo)、イ・ジェジン(B&Vo)、チェ・ミンファン(Dr)がポジションに着くと、イ・ホンギ(Vo)の「いこーか!」という号令で火花が上がり、疾走感あふれる『God Bless You』でライブは幕開け。バンドはスタートから全開。ファンも黄色のライトを振り、総立ちで迎え撃つ。

「FIVE TREASURES」ツアーで本編ラストを飾った曲をオープニングに持ってきたのも憎い演出だ。早くも一体になった会場はホンギに煽られ、彼の「Singing!」という言葉でコーラスを重ね、シングアロングを発する。

「いよいよ今日(ファイナル)が来ました。プレゼントも用意しています。まず、アルバム『EVERLASTING』でジェジンと一緒に作った曲をライブで初めてやります」とホンギが言って、ジェジンのセクシーなベースがうねる『IF U WANT』を初パフォーマンス。アウトロからスンヒョンの印象的なギターリフへつながり、そのまま『TOP SECRET』に突入。この2曲は、アンコールライブのために用意された曲だ。

「もうちょっと狂っていけるのか? ソリジロー(叫べ)!」

撮影:田中聖太郎、ヤマダマサヒロ

続く『シアワセオリー』、そして「みんなの声もらうぞ!」という声でファンが一斉に歌い出すシングアロングが美しい『AQUA』というFT流Jロックで一体感を高めた。

「もうちょっと狂っていけるのか? ソリジロー(叫べ)!」という煽りで、韓国でアイドルからロックバンドへの脱皮を改めて認知させたFT流ハードロック曲『Take Me Now』と『PRAY』でシャウト。韓国語で歌うホンギはまた別の表情を見せてくれるし、一層熱のこもったそのボーカルに併せて歌うファンの熱量も上がる。

「パンツまでビショビショだー!」と、MCで笑うホンギ。「来年、俺ら日本デビュー10周年なんですけれど、来年はライブができないので、季節をテーマに今までの俺らの曲でコーナーを構成しました。アンコールライブといっても“FTはきっと違うことする”って思ってるでしょ? 同じだとみんながスネると思ってツアーと別の曲を用意しました。改めていい曲がいっぱいあると思ったし、これからもいい曲を作りたいなと思いました」と、ツアーでは“四季”をイメージする曲のアコースティックアレンジで構成したメドレーパートは、バンドセットで春=『Primavera』、夏=『Let it go!』、梅雨=『So today...』、秋=『I believe myself』、冬=『Winter’s Night』と全曲を入れ替え再構成してくれた。

「寂しいけれど、待ってる間のプレゼントも用意してます」

後半戦は、「歌っていると幸せな気持ちになれる」という2曲から。『Golden』ではファンの歌声を全身で受け止めて歌うと、ホンギは「サイコー!」と満面の笑顔を見せた。

「あー、今日で最後か! でも永遠の最後じゃない。戻ってきても変わらないから、心配しないで。待ってる時間も寂しくないようにいろいろなプレゼントも用意してる。目標もできたんです。日本でもそうだけど、韓国でも男性ファンが増えているので、軍隊の仲間を100人ずつライブに誘おうって」と笑顔で話すホンギだったが、「実は、ライブのために日本に着いた時に入隊日の知らせが来て、見た瞬間、力が抜けました。用意していたものがたくさんあるのに、見せられなくなってすみません」と、精神的につらい中でのライブであったことを正直に話してくれた。

「寂しいけれど、待ってる間のプレゼントも用意してます。次の曲もプレゼントで、来年の日本メジャーデビュー10周年のための新曲『Sunrise Yellow』です。俺らの色はイエローでしょ? これから『REEDOM』のようにFTISLANDのライブの定番曲になります! そして、今日のライブがPVになります!」と紹介して、爽やかなポップチューンを初披露。軽快なリズムに乗って思わずジャンプをしてしまう曲だ。

新曲の後は、FTISLANDのライブテッパン曲で固め、FTISLANDのライブの魔法にひたすら踊らされて本編の幕を閉じた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます