ドコモ、なめらかに表示する「ハイスピードIGZO」搭載スマートフォン「AQUOS ZETA SH-04H」

2016.6.8 14:14配信
AQUOS ZETA SH-04H

NTTドコモは、2016年夏モデルとして、残像を抑えてなめらかに表示する120Hz駆動の「ハイスピードIGZO」を搭載したシャープ製スマートフォン「AQUOS ZETA SH-04H」を6月10日に発売する。カラーは、White、Black、Greenの3色。

従来比2倍のコマ数を描画する120Hz駆動の「ハイスピードIGZO」を搭載し、なめらかでくっきりしたスクロールとともに、目の疲れやすさを実現した。ウェブページやSNSなど縦に長いページを自動でスクロールし、テレビを流し見するように楽しめる新機能「スクロールオート」も備える。

解像度1080×1920、約5.3インチのIGZO液晶ディスプレイには、色再現性の高い「S-PureLED」を採用し、アルバムアプリでは超解像技術を応用して、細部まで鮮やかに描画できる。また、低消費電力のIGZO液晶ディスプレイと、液晶画面の更新頻度をアプリによって変えることで電池消費を抑える「液晶アイドリングストップ」によって、3日以上の電池持ちを実現した。さらに、「長エネスイッチ」によって、朝の段階での電池残量が20%でも1日使える。

明るさF1.9のレンズを採用し、光学式手ブレ補正に対応した約2260万画素のカメラを搭載し、リコーの画像認証プログラム「GR Certified」を取得した、デジタルカメラレベルの高画質を実現した。約0.4秒でカメラが起動し、約0.02秒でピントが合うハイスピードAFや、4K動画から高画質な静止画を切り出せる「あとからキャプチャー」、表現力豊かな写真が撮れる「おすすめプラス」、画像保存後にどんな撮影モードがあるかを教えてくれるヒント表示、花火が開く瞬間を自動で撮影する花火モードなども備える。

このほか、本体をひねる操作で1つ前に表示したアプリに戻る「ツイストマジック」、本体を持つだけで画面をオンにする「グリップマジック」と側面のタップ式指紋センサを組み合わせたロック解除機能、生活パターンを学習して就寝時間が近づくと自動で目に優しい画質にする「リラックスオート」、歩数データや生活習慣時刻などからダイエットのアドバイスや応援メッセージを話しかけてくれる「エモパー」といった機能を搭載する。

IPX5/8の防水、IP5Xの防塵に対応。CPUにはクアッドコアのQualcomm MSM8996を採用し、メモリ3GB、32GBのストレージ、最大200GBのメディアに対応したmicroSDXCカードスロットなどを備える。サイズは幅73.0×高さ149.0×奥行き7.6mmで、重さは約155g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング