その気がない妻ほど猶予はない!? 夫が本気で離婚を考える「めんどくさい妻」の特徴

アナタは「めんどくさい妻」になっていませんか?離婚相談に訪れる男性は、妻の理解できない言動に苦しめられています。思い当たる人は、今すぐ改善をしないと、夫に「離婚」を突きつけられてしまうかも!?

夫は密かに離婚計画中かもしれない!?

男は「理屈の生き物」、女は「感情の生き物」です。

そう頭では分かっていても、心理的な距離が近い“夫婦”の場合は、なかなか冷静に対応できないのが現実かも知れません。

その証拠に、私のサロンには、連日“離婚問題”で悩む男女が訪れます。

「その気は全くなかったのに、些細なケンカから離婚話に進展してしまった」という女性。

「妻と話をしていると、いつも途中で怒り出すので一緒にいるのが苦痛」という男性。

そんな中、日々感じるのは、「妻のワガママぶりが激しくて対応が“めんどくさい”」と言い出す男性が増えているということ。

夫が、関係を修復することさえ諦めてしまうほどの“めんどくさい妻”とは、一体どんな妻なのでしょうか?

そこで今回は、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、夫が本気で離婚を考えてしまう“めんどくさい妻”の特徴をご紹介します。

是非、今後の夫婦関係改善や、自分自身を見直すためのキッカケにしていただけたらと思います。

めんどくさい妻1:被害者意識が強い妻

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s

「私ばっかり」「悪いのはアナタ、私は悪くない」、こんな言葉が口癖になっていませんか?

もしくは、このような思考回路になっている妻は、夫から見て相当めんどくさい妻になっている可能性があります。

このタイプの妻は、“問題”は全部「相手のせい」「環境のせい」にしてしまう傾向があるので、夫婦問題の改善が難しくなります。

「私ばっかり我慢している」「私ばっかり苦労している」という思いに囚われている以上、人としての成長も望めませんし、貴女の“悩み”も解決しません。

「私ばっかり・・・」と感じている心の裏には、「自分の思い通りにしたいのに、そうならないジレンマ」や「自分の気持ちが夫に分かってもらえない悲しさ」が隠れています。

夫を「コントロールしたい」という意識を今すぐに改め、自分から歩み寄ることで、離れつつある夫の気持ちを動かすことが出来るのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント