夫がみるみる優しくなる! 口癖にしたい「魔法の言葉」4つ

普段、夫と話をするとき、あなたはどんな言葉を使っていますか? 実は「夫がみるみる優しくなる言葉」があります。今回は、夫が優しくなるだけではなく、貴女の気持ちもポジティブになる「魔法の言葉」をご紹介します。

「言霊」といわれるように、”言葉”には目に見えない不思議な力があります。

以前、「かける言葉によって水の結晶が変化する」写真が話題になりましたよね。

その他にも、「ありがとう」と声をかけ続けたものと、「ばかやろう」と声をかけ続けた、パンや観葉植物の違いなどが紹介されたこともありました。

いずれも、「ばかやろう」と声をかけ続けたほうは、カビが増殖していたり、植物が枯れてしまったりしてしまいました。

しかし、「ありがとう」と声をかけ続けたほうは、カビの発生が少量だったり、植物が生き生きとしたりするなど、その差は明らか。

それだけ、言葉から伝わるエネルギーにはパワーがあるということです。

言葉が「物」に与える影響が明らかだということは、感情がある「人間」にかける言葉によっては、それ以上の効果が現れるということです。

夫が優しくなるか、冷酷になるか......それは、貴女が「発する言葉次第」だと言っても過言ではないでしょう。

今回は、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、「みるみる夫が優しくなる魔法の言葉」4つをご紹介します。

1.「教えて」

男性は、「頼られたい」生き物です。

そして、自分が知っていることを「教えたがる」生き物でもあります。

そうすることで「喜び」を感じるのです。

わからないことや、知らないことがあった場合や、もっと聴きたい話があるときには、夫に「教えて」と声をかけてみましょう。

中には、「夫に訊くならネットで調べたほうが早い」とか「夫に訊くのは悔しい」という女性がいるのも確かです。

でも、仮に「そんなことも知らないの?」「自分で調べれば」と言われたとしても、「調べたんだけど、貴方に訊いたほうがわかりやすく教えてくれると思って」と、「貴方じゃないとダメなの」的なニュアンスを漂わせることが大事。

ちなみに、独身女性が気になる男性と親密になりたいときにも、この手は有効です。

積極的な女性は、自分が知っていることでも知らないふりして「教えてくださ~い」と「困っています」的な空気を漂わせて近づきます。

このような女性は、男性から見て「かわいい奴だな」と感じるのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント