「汗あれ」に要注意! 皮膚科医が教える、汗の肌トラブル対策とスキンケア

いよいよ夏本番。気温が上がると、気になるのが汗ですよね。ほとんどの方は、臭い対策を意識すると思います。それに加えて、気を付けなければならないのは汗による肌トラブル。皮膚科専門医から聞いた「汗あれ」「あせも」などの肌トラブル対策とスキンケアについてお伝えします。

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

臭いケアも大事だけど「汗あれ」などの肌トラブルに注意!

今年は初夏から暑い日が続いています。
4月26日に東京では、26.8度を記録し、8月に入ってからは、のきなみ30度越えの日も。
これだけ暑いと汗が気になりますよね。
臭い対策のデオドラントケア製品は、マストアイテムと考える方も多いと思います。

汗の臭い対策も大事ですが、もっとも気を付けるべきは「あせも・汗あれ」などの皮膚トラブル。

「汗あれ」「あせも」は、男性女性問わず、ポピュラーな肌トラブル

よしき皮膚科クリニック銀座院長 皮膚科医 吉木伸子医師提供

写真を見て「あるある!」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。「汗あれ」「あせも」は、男女問わず、この時期起こりやすい肌トラブル。

でも意外と原因やケアについて知られていないのが実情のようです。
皮膚科専門医である よしき皮膚科クリニック銀座院長 吉木伸子医師に、汗トラブルの原因と対策について聞いてみました。

「あせも」は、急に大量の発汗が起きることによって、汗管(汗を皮膚の表面に排出する管)が詰まっってしまう状態です。

一番の対策は、急激な発汗を避けることです。もし、あせもができてしまったら、肌を引っ掻いたりせずにそのままにしておけば、数日で自然治癒します。かゆみがあるようなら、あせもをケアする市販のお薬を塗ってケアしてください。

あせものイメージ

ユースキン製薬提供

これに対して、「汗あれ」は、乾燥や間違ったスキンケアによって肌が荒れ、自分の汗に含まれるアンモニアなどの成分で刺激されて、かゆみや違和感(チクチクしたり、ピリピリといった刺激感)が起こる状態です。

正しいスキンケアを見直し、肌の角質層が荒れないように工夫することが大事です。
もし、自分でケアしていてもかゆみが止まらず、つい引っ掻いてしまって血が出てしまうような状態の場合は、皮膚科専門医を受診することが大事です。

汗あれのイメージ

ユースキン製薬提供

ちなみに、男性は、おなかまわりに汗トラブルが起きやすく、女性は腕の内側に汗トラブルが起きやすいんだとか。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント