【子育て】よそのパパが羨ましい…“夫が非協力的で辛いとき”の考え方5つ

2016.8.25 13:30

ママ同士が集まると、パパ自慢が話題になることもありますよね。そんなとき、つい「よそのパパってなんて素晴らしいんだろう」と羨ましくなりませんか? よそのパパと夫を比較して落ち込む前に、今回ご紹介する“マイナスに思える出来事の肯定的な面”を参考にしてみてください。

shutterstock_97307942

ママ同士が集まると、パパ自慢が話題になることもありますよね。

そんなとき、ついつい「よそのパパってなんて素晴らしいんだろう……」「よそのパパに比べて、うちのパパってなにかと非協力的……」と羨ましくなりませんか?

比べてしまう気持ちはわかりますが、それで卑下したり落ち込んだりする必要はありません。

よそのパパが羨ましくなったとき、まず考えてみてほしいことがあります。

それは、マイナスに思えるその出来事の、“肯定的な面”です。

どんな物事にも、プラス面とマイナス面の両面があります。一見マイナスに見えることも角度を変えて捉えてみると、メリットや肯定的な面があったりするもの。

以下から具体例をあげていくので、ネガティブ思考になりそうなときはぜひ参考にしてみてください。

1:「いつも帰りが遅くて、ろくに子どもの世話をしてくれない」

一番よくあるパパへの不満がこれですよね。

でも、よく考えてみてください。パパの帰りが遅いことで、子どもと自分のペースでのんびりゆったり過ごせるというメリットが生まれているかもしれません。

もしパパの帰りが早いと、パパのペースに合わせてご飯を用意しなければいけなかったり、見たくもないテレビ番組を見なくちゃいけなくなったり、別のストレスが生まれることも……。

パパが遅いことで、「適度な距離感を保てている」と思うようにするのはどうでしょうか?

2:「疲れているから、忙しいからと理由をつけて、愚痴や相談を聞いてくれない」

子育ては驚くほど孤独。だからこそ、パパに話を聞いてほしいですよね。

でも、男性は愚痴や相談事を受けると、「解決してあげなくちゃ」「アドバイスしてあげなくちゃ」という意識が芽生えます。

そのため、こちらとしてはただ聞いて欲しいだけなのに、余計な解決策やアドバイスをしてこられることも……。すると、よけいイライラしてしまう可能性大!

また、家庭の話を聞きたがらないということは、家庭の中の決定権があなたにほとんどある、ということかもしれません。

これをメリットととらえるのはどうでしょうか?

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント