山梨県甲府市に本社がある食品メーカー・シャトレーゼといえば、季節のスイーツや洋・和菓子、ケーキなどが有名ですよね。ご自宅用や自分へのご褒美はもちろん、ちょっとした手土産などに重宝しているという方も多いのではないでしょうか。

シャトレーゼのお菓子づくりにおける特徴は、添加物をできる限り使用せず、契約農家のしぼりたて牛乳や生みたて卵、南アルプスの白州名水といったこだわりの素材を直接仕入れ、国内の自社工場で製造している点。

素材の仕入れや製造、物流、販売を自社で一貫して行うことで、中間コストを削減し、安全・安心の素材を使用したお菓子をお手頃な価格で提供しているのです。

本記事では、シャトレーゼの代表的な商品のひとつであるケーキに注目。定番商品とイチオシの新商品の中から、特におすすめのケーキ5点を広報の方にピックアップしてもらいました。

期間限定のものもあるので、気になったら早めにゲットしてくださいね。

5位:クレープ・オ・フレーズ 399円

見かけると無性に食べたくなるクレープですが、持ち帰りには不向きなところがちょっぴりネック……。それでも食べたいクレープをケーキにアレンジした、3月5日(木)までの期間限定商品がこちら(販売期間は変更になる場合があります)。

新鮮な卵とバターをたっぷり使用した、風味豊かなクレープ生地とケーキのスポンジで、カスタードクリームとホイップクリーム、フレッシュな苺をサンドしています。ミルキーで甘すぎない2種類のクリームと、甘酸っぱい苺が織り成すハーモニーもさることながら、クレープ&スポンジ生地のくちどけの良さもまた格別。

クレープ好きもショートケーキ好きも唸らせる、クリームと生地のコンビネーションがたまらない新商品です。

4位:濃い苺のモンブラン 399円

モンブラン=栗を使ったスイーツというイメージがある方も多いはず。たしかに日本では栗が主役のモンブランが一般的ですが、実は必ずしも栗が使われているとは限りません。

というわけで、こちらのモンブランも栗ではなく苺が主役。全国各地の契約農家から新鮮な苺を直接仕入れている、シャトレーゼならではの新商品といえます。

香ばしいタルト生地の上に苺クリームとスポンジを重ね、ミルク風味のクリームと苺クリームをたっぷり盛り付け、てっぺんには苺が。さらにクリームの中にも苺が丸ごと1個入っています。生地、クリーム、苺が三位一体となって口の中に広がる、苺好きなら必食の贅沢なモンブランです。

こちらも3月5日(木)までの期間限定商品なので、食べ損ねには要注意(販売期間は変更になる場合があります)。