3:家庭と仕事の両立ができる手帳活用術

shutterstock_396815590

ママになると自分の予定だけでなく、子どもの学校行事や習い事などの予定も把握する必要がありますよね。

しかし頭の中で全てのスケジュールを覚えておくのは大変です。また、ひとつの手帳で、仕事とプライベートの予定を管理すると、混ざってしまうこともあるでしょう。

そこで参考にしたいのが、シンプルライフ研究家のマキさんの活用術。

マキさんは「キャンパスダイアリー マンスリー&ウィークリー」(コクヨ)を愛用しているそうですが、似たものは100円ショップで手に入りますよね。

この手帳の上の月間スケジュールにはプライベートの予定、下の週間スケジュールには仕事の予定や細かな予定を書くようにしているそうです。

週間スケジュールには「病院の予約をする」「○○にメールをする」などの細かな用事まで書き込むことで、忘れないようにしているのだそう。

そして自分が準備したり出席する子どもに関する用事は、月間スケジュールに赤色のペンで記入。

色分けをすることで、視覚的にもわかりやすくなり、仕事とのバッティングを防ぐことができるのです。これなら一冊で、両方のスケジュールを把握できますね。

まとめ

暮らしの中で抱える悩みは人それぞれ。

本書には、毎日の家しごとをラクにするノート術、節約ができるノート術、日々の料理を記録するノート術など、達人の活用テクニックが満載。ぜひ手にとって、ノートや手帳作りの参考にしてみてはいかがでしょうか。

感情の整理にも、日々のタスク管理にも、小さな日常を記録するにも、自分なりにアレンジして使えるノートは、毎日の生活をさらに充実させるツールになるはずですよ!

 

 ライター。Webニュースメディアや雑誌などで執筆中。得意ジャンルは美容、ファッション、エンタメ、お酒など。またアメリカ、カナダに留学経験があり、海外ゴシップ、セレブ美容にも関心がある。また一児の母であり、産後のダイエットや美容法についても研究中。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます