76f73d04d4bed11d828e88b141b5fb7e_s

通称「おでんツンツン男」が、いま話題にのぼっています。

男性はコンビニで、おでんを指で繰り返しつついて販売できなくさせたうえ、店の業務を妨害した、器物破損と威力業務妨害の疑いで逮捕されました。

男性は、おでんをつつく様子を撮影した動画をインターネットに投稿。炎上したら「反省しています~」と、鼻糞をほじりながら謝る動画を続けて投稿し、再び炎上しました。

馬鹿げているというか、何だか悲しいですよね。

その後には模倣犯まで出てきて、牛丼屋の備え付けの紅ショウガのトングを使って、自分の食べかけの牛丼をかき混ぜる動画を投稿した男性も。こちらも話題になっていました。

もし、子どもが将来、そんな大人になってしまったら残念ですよね。

でも、親の対応によって、その片鱗が出てきていることもあるんですよ。
1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の、立石美津子がお話しします。

100点よりも0点とる方が近道。根は深いのではないか

ニュースでは、大の大人のこの行為について様々言われていますが、私は根っこが深い気がしています。

私は長年、仕事で幼児に授業をしていますが、担当生徒の中に問題行動が収まらない子どもがいました。叱れば叱るほど、むしろそれを楽しみにし、喜んでいるようで、態度がますます悪化するのです。

最初は何故、叱っても叱っても、その行動が収まらないのか不思議に思っていました。そしてあるとき、その子が私が他の子に関わっているときに限って、椅子を倒したり、鉛筆を投げたり、お友だちに鼻糞や唾を吐いたりしていることに気が付きました。

つまり、子どもの行動にはある一つの目的がありました。「僕だけを見て見て~」という自己アピールの気持ちがとても強く、私が他の子に関わっているのは面白くなくて、自分のところに私を呼び寄せるためにそのような行動に出ていたのです。

私にも非があり、いつも全体の中での評価しかしておらず、「あの子はほかの子に比べて態度が悪く、扱いにくい子」と頭の片隅に常にあって、たとえ、その子が静かに座っている瞬間があったとしても、それについては無視無言。何か事をしでかしたときだけ、叱ることをしていたのです。

きっと、その子の気持ちの中には「僕はどんなに努力しても他の子と同じような良い子ではいられないし、ちょっと頑張っていても先生は気づいてくれない。だったら、手っ取り早く悪い行動をした方が、先生は気づいて僕にかまってくれる」と考えていたのです。

つまり、100点を取るには遠い道のりでも、0点を取る方が手っ取り早いわけです。

私はそのことに気がついてからは“教室に休まずに来ている”“トイレに行って手を洗って出てきた”“道具を持ってきている”“髪の毛がグチャグチャになっていない”そんなことさえ褒めるように方向転換していきました。

すると、あれだけ叱っても態度が改善しなかったのに、次第に問題行動が消失していきました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます