CODE-V 左からナロ、ウシク、ルイ、サンウ、テフン

韓国出身の男性ダンスボーカルグループ、CODE-V(コードブイ)が12月25日、東京・渋谷のライブハウスshibuya duo MUSIC EXCHANGEにて全国ツアー「CODE-V X’mas LIVE TOUR〜ミラクルあいら冬〜もりあがるんば2016」のファイナルを迎えた。

「東京の皆さん、お待たせしました! メリークリスマス! 最後まで盛り上がって行こうぜ!」というナロの声で登場した5人は、『I Believe〜Shooting Star (Xmas Mix)』、最新シングル『Loving you, Love me』とオープニングからダンスナンバーで会場を熱くした。

「最初の曲からすごく盛り上がりましたけれども、今日は東京ファイナルということで、クリスマスの日にこうして皆さんにお会いすることができて心からうれしいです」とリーダーのサンウが挨拶。「大切な約束をキャンセルしてライブに来た方手を上げて」とナロが問うと、会場全体が一斉に手を上げ、「何やってんだよー」(ナロ)、「2度と来ないぞ」(サンウ)と、ファンがひとしきり突っ込まれる。その一体感のまま、『そばにいるよ』『Life』と続く。

「ファイナルだからかな。一番テンションが高いっ!」とハイテンションで言うルイに「落ち着いて」と冷静に突っ込む11歳年下の末っ子のテフンという、メンバー間の風通しの良さが感じらるMCの後は、歌の上手さが際立つバラード『何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?』『14ヶ月』。会場内の空気が一気に変わり、あちこちからすすり泣く声が聞こえた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます