写真提供:衛星劇場

2002年にフジテレビ系列で放送された北川悦吏子脚本の大ヒットドラマ『空から降る一億の星』が、韓国でリメイク。活動復帰後初のドラマ出演となるソ・イングクが主演し、怪物と呼ばれた危険な男・ムヨンを演じる。

彼と同じ傷を持つ女性・ジンガン(チョン・ソミン)、ムヨンに立ちはだかる彼女の兄ジングク(パク・ソンウン)らに訪れる衝撃的な運命を描くミステリーラブストーリーである今作について、ソ・イングクに聞いた。

人間の心理的な部分を刺激する鋭い視点で描かれた作品

©STUDIO DRAGON CORPORATION/FUJI TELEVISION

――衛星劇場にてドラマ『空から降る一億の星』が12月より放送されます。今作が日本で放送される感想について教えてください。

ソ・イングク(以下、イングク):日本ですごく有名なドラマ『空から降る一億の星』が韓国でリメイクされることになり、チョン・ソミンさん、パク・ソンウンさん、その他多くの出演者の皆さんと共に撮影に励んでいます。12月から衛星劇場で日本初放送されるという朗報を受け、とても光栄に思います。

韓国版の『空から降る一億の星』も期待していただき、たくさんの皆さんにご覧いただけると嬉しいです。

――原作である日本版の『空から降る一億の星』はご覧になりましたか?

イングク:本当に楽しみながら、興味深く拝見しました。僕個人の考えですが、人間の心理的な部分を刺激する鋭い視点で描かれた作品だと感じたんです。日本版は10年以上も前の作品(2002年)ですよね。かなり昔の作品にもかかわらず、観ている間ずっと興味深く、新鮮で本当に面白かったです。だから今回の撮影もすごく期待していました。

リメイク作品といっても、そっくりそのまま描かれるわけではなく、韓国ならではのカラーで再解釈して視聴者の皆さんにお届けするため、原作とはまた一味違う魅力のある新しいドラマになるのではないかと思います。原作が制作された日本で、日本の皆さんが今作をご覧になり、どう感じるのかもすごく楽しみでドキドキしています。

©STUDIO DRAGON CORPORATION/FUJI TELEVISION

――今作への出演を決めた理由を教えてください。

イングク:今作の出演者の方々、スタッフさんのほとんどが同じように感じていると思うのですが、ユ・ジェウォン監督はすごく魅力あふれる方で、監督によって全員が一致団結しているんです。

それから原作には、そうそうたる役者さんが出演されていますし、あまりにも有名な作品なので、最初はプレッシャーもかなり大きかったのですが、台本がすごく面白く、原作とは異なる解釈や一味違った物語で進んでいく部分もあるんです。

その中で、僕たちがどのように乗り越えていくのか…。そういった点に惹かれ、今作に挑戦することにしました。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます