「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー~シャイン・オン!~」「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー~シャイン・オン!~」 ©Disney 撮影 / YOSHI

「いちばんの感動は、最後にやってくる。」

この言葉は、2017年1月13日から3月17日まで開催中のイベント「東京ディズニーシー15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”~グランドフィナーレ~」のCMで謳われているキャッチコピーです。

「"Wish"を輝かせる冒険の旅」をテーマに、2016年4月からスタートした東京ディズニーシー開園15周年のイベント。

2017年1月からはグランドフィナーレ仕様になり、グッズのデザインやショーの演出が少し変わりました。

変更前と変更後はどちらも15周年をお祝いする内容ですが、細かく見ると、フィナーレ用のショーやグッズには、「Wishを"叶える"」すばらしさや、未来へ進む「決意」という、フィナーレにふさわしいメッセージが付け加えられているのが分かります。

フィナーレ前後のグッズやエンタメを比較しながら、CMの文言である「最後にやってくる感動」とはどういう意味なのか、一緒にひも解いてみましょう。

"Wish"を叶える姿は描かれなかった、フィナーレ前のグッズデザイン

メッセージの変化を考える上でまず注目したいのが、フィナーレ前後のグッズデザインの違いです。

イベント開始当初から販売されていたグッズのひとつに、15周年のロゴの周りに、ディズニー映画の登場人物が描かれたシリーズがありました。

2016年4月に登場したポストカード2016年4月に登場した、15周年記念のグッズ ©Disney 撮影 / つるたま

イラストに描かれたキャラクター達をよく見ると、それぞれの願いを叶える「前」の姿が特徴的。

例えば、「人間になりたい」と願うアリエルやピノキオは、人魚や、操り人形の姿で描かれているし、金髪のラプンツェルは、「空に浮かぶ光を見てみたい」と塔の中で憧れているシーンが描かれています。

これらのデザインからは、「Wishを"叶える"」こと自体よりも、願いに思いを馳せ、夢を追いかける過程を楽しんでいるテーマ性がうかがえます。

こうした「Wishをさらに"輝かせる"」というメッセージは、フィナーレ前のグッズやエンタメ全般において随所に見られていました。

一方、1月スタートのグランドフィナーレ版のグッズはどうでしょうか。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます