献立を考えて、買い出しに出かけて、調理して…1日にみなさんが料理に費やす時間は、どれくらいでしょうか。朝昼晩の献立、また子ども用パパ用のお弁当に悩んでいるママも多いですよね。

そこで参考にしたいのが、月間240万アクセスを誇る人気料理ブロガーのゆーママさんの献立づくり。7人家族のゆーママさんは、なんと3日分の献立を2時間で仕込むそうです。多いときで15~16品の下ごしらえ、作りおきするとのこと。

その秘密が綴られているのが、書籍『2時間で3日分の献立づくり 7人家族、ゆーママの台所しごと 下ごしらえ、作りおき、使いきり』です。仕込む日は大変だそうですが、その時間があとになって数倍ものゆとりになって返ってくるそうですよ。

そこで、ゆーママさんの献立づくりについて、本書の中から一部をご紹介します。

買い物は週に2回だけ!プラン立てをしっかり

みなさんはどのくらいの頻度で食料品の買い物に行きますか?「そろそろ食材が足りないかも」と思ったら、買うものリストも作らず、いきあたりばったりでスーパーに行く人も少なくないはず。

安売りになっていると必要以上に買ってしまい、結局使い切れずに消費期限切れになった経験がある方もいるでしょう。

ゆーママさんの場合、買い物は週に2回ほど。自宅で何を買うか計画を立てることからスタートするそうです。

冷蔵庫に残っている食材をチェックし、欲しいものを書き出すといいます。肉・魚・野菜・その他と分類して書いていくそうです。

メインの献立は偏りがないよう、牛肉、豚肉、鶏肉、魚は3日間のバランスを考えて。野菜は赤・黄色・緑の色どりを意識し、まんべんなくそろえるように不足分を購入するプランを立てるのだとか。

そしてスーパーでは、まず野菜コーナーをチェック。よく使うじゃがいも、玉ねぎ、にんじんに加え、緑黄色野菜、葉物野菜を数種類を購入。果物や、冷凍に向いているきのこも欠かせないそうです。

次に、肉、魚類コーナーへ。3日間のメインのおかずとして基本3種類、そしてお弁当用に使えそうなものをプラス。そのほかに卵や豆腐、あると便利な加工品や乾物、缶詰類も買うそうです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます