セックスレス夫婦が増加中です。セックスレスというと、出産後、妻の性欲が一時的になくなり、夫の要望に応えたくなくなる、夫からの夜の誘いを拒否する、というケースを想像するママは多いと思いますが、最近の傾向として、「夫が抱いてくれない・・・」という悩みを持つ妻がすごく多くなっているそうです。

深刻化する夫婦のセックスレス…。解消の方法はあるのでしょうか?

恋人・夫婦仲相談所の所長で、夫婦のセックスレス問題に関する著書を多数出版されている二松まゆみ先生に、夫婦のセックスレス問題について伺いました。

あなたもセックスレス夫婦かも?

セックスレスとは、具体的にどれぐらいの間セックスをしていない状態のことを指すと思いますか?

日本性科学学会では、次のように定義されています。

『特別な事情が認められていないにも関わらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期に渡ることが予想された場合をセックスレス・カップルという』

これを読んで、「え!?じゃあ、うちもセックスレスってこと!?」と焦ったママはけっこう多いのではないでしょうか?

実際、二松先生によると、20代、30代の夫婦でも、1ヶ月以上セックスのない夫婦は珍しくないと言います。中には、年2回、1年に1回、数年に1回というケースもあります。

そして、二松先生の相談所に訪れるセックスレス夫婦で圧倒的に多いのが、「夫が抱いてくれないんです」というケースだそうです。

セックスレスが深刻化すると、夫婦仲だけでなく、女性の美にも悪い影響を及ぼします。

満たされた良いセックスがあると、女性ホルモンが活性化し、艶っぽくなると言われています。また、精神的にも安定します。

夫婦のセックスレスは、家族のためにも、自分のためにも、早めに対策を打つことが大切です。

なぜ妻を抱けない夫が増えているのか?

なぜ妻を抱けない夫が増えているでしょうか?それは、「世間の風潮がそうさせている部分も大きい」と、二松先生はおっしゃっています。

一昔前は、男性は外で働いて、家では一家の大黒柱としてなにもせずドーンと構えているのが主流でした。

しかし今は、男女共働きが主流の時代。「イクメン」という言葉が普通になってきたように、男性は外で仕事もするけれど、子どもの世話や家事も積極的にこなすのが理想的とされていて、実際に男性が家庭に関わることが増えています。

家庭や子育てと性の世界はかけはなれており、男性にとってスイッチの切り替えが難しいのです。

また、朝から晩まで会社で働き、夜は育児や家事にも参加してとなると、疲れてセックスをする気がなくなるのも当然で、性欲低下気味の男性がとても多くなっていると感じているとのこと。

そんな男性に、「家事や育児はしっかりやってほしい、そして夜はワイルドになって迫ってきてほしい」というのは、ちょっと難しい話。考えてみると、昼間は穏やかで優しいけれど、夜になって子どもが寝るといきなりワイルドに豹変する夫というのも、ちょっと怖いですよね。

夫が淡白になってしまっているのは、世間の風潮、そして妻のほうにもある程度原因があるということです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます