ソニー、CFを超える業界最高の転送速度168MB/秒を実現したXQDメモリカード「QD-S32」「QD-S64」

2012.7.3 17:40配信
XQDメモリカード・Sシリーズ

ソニーは、プロ用デジタル一眼レフカメラ向けの高速メモリカードとして、業界最高の転送速度168MB/秒を実現したXQD(エックス・キュー・ディー)メモリカード「Sシリーズ」を7月11日に発売する。価格はオープンで、ラインアップと実勢価格は、容量32GBの「QD-S32」が4万円前後、64GBの「QD-S64」が6万円前後の見込み。

高性能フラッシュメモリを採用し、その能力を最大限に引き出す独自開発のコントローラーによって、業界最高の転送速度168MB/秒(実効書込み・読出し速度)を実現した。プロ用デジタル一眼レフカメラで広く使用されているコンパクトフラッシュ(CF)のインターフェース速度理論値167MB/秒を超える。例えば「Sシリーズ」は、合計32GBのデータを3.8分でPCに高速転送する。また、XQDに対応するデジタル一眼レフカメラでは、約10コマ/秒のRAW高速連写時に最大108枚の撮影ができる。

XQD ExpressCardアダプタで、XQDメモリカードに記録した高画質な静止画や動画ファイルなどの大量データをWindows PCに高速転送できる。また、Thunderbolt対応のカードリーダとXQD ExpressCardアダプタを使えば、Macへの高速データ転送もできる。

Thunderboltインターフェース対応のデバイスドライバや、誤って削除した撮影データを復旧するPC用ソフト「メモリーカードファイルレスキュー」は、7月下旬にダウンロードで提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング