今使っているスマホをそのまま使える!?

大手キャリアのスマホ端末は、各社それぞれの通信回線に合わせて利用できるように、SIMカードの利用制限「SIMロック」がかかっています。

しかし、docomoauの端末なら、今使っているスマホに格安SIMを入れ替えればそのまま使える場合も!

MVNO各社のHPで対応端末が確認できるので、気になった人は調べてみましょう。iPhoneも対応しています。

対応していなくても、docomoauSoftBankともに、「SIMロック解除」の手続きを行えば、格安SIMを使える端末も多いです。ただし、動作確認が取れていないものもあるので自己責任で。

また、最初から「SIMロック」のかかっていない、「SIMフリー」のスマホもあります。家電量販店やネットショップなどで購入できるので、どんな機種があるのか、覗いてみてはいかがでしょうか。

自宅で簡単乗り換え、2年縛りがない

お店で手続きできるところもありますが、SIMカードと対応スマホ端末さえあれば、自宅で簡単に格安スマホに移行できるところも魅力。ケータイショップで長々と待たなくて良いのは快適です。

格安スマホに乗り換え後の機種変更も、SIMフリーのスマホを準備すれば、すぐに自分でSIMを入れ替えて完了!

格安スマホ、SIMフリースマホは大手キャリアのように2年縛りがないので、(端末の本体価格さえ支払ってしまえば)解約手数料などなく、いつでも解約&乗り換えができるところもポイント。

とは言っても、6か月や12か月の最低利用期間が設けられている場合もあるので、気をつけましょう。

4サービスの説明会に行ってきた

今回は、IIJmio OCNモバイルONEBIGLOBEmineoのサービス説明会に行ってきました。

スマホ本体+SIMのセットで安いものなら約1万円、人気機種でも約4万円ほど。

格安SIMのみを購入して、現在使っているスマホ端末を継続して使用するプランも選べます。

また、最近は動画コンテンツをスマホやタブレットで見る頻度も多くなっているため、ユーザーのデータ利用量が上がってきているそう。大手キャリアでも20GBの大容量プランが登場し、SoftBankは “ギガモンスター”なんてキャッチーなネーミングで印象を与えましたよね。

格安スマホにもその流れはきていて、大体各社とも10GBで月額約3000円の大容量プランを用意。※タブレット用など音声通話なしのプランであれば10GB2500円程度。

そして、データ通信容量を繰り越せる&複数の端末(スマホとタブレット)や家族でシェアできるのも当たり前!

もちろん、自分の利用スタイルに合わせて1GB3GBのプランを選ぶことも可能です。

IIJmio(アイアイジェーミオ)

 IIJmio”は、docomo回線を使う「タイプD」と、KDDI回線を使うauの頭文字をとった「タイプA」を提供。大手キャリアとまったく同じ品質の音声通話が強み。

docomo端末はそのまま使える機種が多いですが、au端末は比較的新しい機種が対応しているので、iPhone含め、事前に必ずHPで対応端末を調べましょう。

基本通信料は、3GB月額1600円、10GBファミリーシェアプランが月額3260円から。

iPhoneは正規修理に対応

故障時の対応が不安なのが格安スマホ。でも、月額500円の端末保証に入っておけば、SIMフリー端末、docomoauのキャリア端末を無料で修理。iPhoneは正規修理で対応してくれます。

AQUOSケータイがある

家族で契約する場合、スマホほど多機能は必要ない、携帯電話を使いたい、という人も中にはいるのでは? 直接取り扱っている対応端末に携帯電話(ガラケー)があるのは嬉しいです。

家族で1回30分以内なら何度でも電話かけ放題

ついたくさん話してしまう人は、家族との通話が130分以内であれば、月額830円で何度でもかけ放題。家族以外でも15分以内なら誰とでもかけ放題です。

単身赴任のお父さんや遠く離れた家族、1人暮らしを始めて心細い時に心強い。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます