無難になりがちなオフィスメイク…周囲の女性に埋もれるなんて嫌!

オフィスメイクといえば、ベージュやシアーなブラウンのアイシャドウに控えめなアイライン…チークやリップもベージュピンクで。そういった方が多いでしょう。

メイクはTPOをわきまえるもの。オンモードのときに、派手なメイクをしていくのはNGでしょう。

でも、オフィス内にいる男性陣にモテたいと思ったことはありませんか?周囲の女性と同じメイクでは、埋もれてしまうかも…。気になるカレが職場にいるのであればなおさらです。

そこで、オフィスにもOKな、モテメイクの方法をご紹介します。TPOに適しているのに、なんだか色っぽい。気になるカレも振り向いてくれるはずですよ。

アイメイクにカラーを忍ばせて。一見無難なメイクなのに、なんだか気になるフェイスに

キーポイントとなるのはアイメイク。ベージュ系のアイシャドウでまぶたにグラデーションを作ったら、目の際のカラーだけ工夫してみましょう。そのカラーとは、ネイビー。

濃いめのパウダータイプのアイシャドウを平筆に取り、目の際にラインを引くようにして乗せましょう。目頭ギリギリは、ネイビーを乗せるのを避けてくださいね。

オーバーラインも厳禁です。目の形に沿って、丁寧にラインを引きましょう。アイラインはあえて引かず、抜け感を出しましょう。

その代わり、ボリュームタイプのマスカラを根元からしっかりと塗ってください。マスカラでフレーム効果を出すのです。下まぶたにはアイシャドウやアイライナーを使わず、マスカラのみで目の縦幅を出しましょう。

ネイビーはさり気なく色気を出せるマル秘カラーです。一見ブラックのように見えるのでオフィスメイクにも◎。よく見ると目元にカラーが添えてあり、セクシーに見えるのです。

アイライナーを使うとビビットに発色しすぎてしまう場合があるので、パウダーアイシャドウを使うのがベターです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます