真新しい服を見れば「欲しい!」と思ってしまうもの。

雑誌を熟読したり、ウインドウショッピングをしたりして、何を買おうかとまさに吟味中の方!

いざ買うのはちょっと待って!

買いたい服をただ見つけるだけでは「結局着なかった」“タンスの肥やし服”を買うことになってしまいます。

今回は、新しい服を買う前にしておくだけで、‟タンスの肥やし服”を買うことにならない「たった2つのこと」を、スタイリストの筆者がご紹介します。

今ある服の掘り起こし

自分が今、どんな服をもっているのか把握していますか?

沢山の服に埋もれている生活が習慣化していると、服を増やすことが当たり前になり、“今ある服でこう着よう”よりも‟今ある服に、これを買えば着れる”というように、常に買うこと前提の思考になってしまっています。

“あれが足りない、これが足りない”と手持ちの服にマイナスばかりを見つけるよりも、“あれとこれを組み合わせれば使える”というように、現状でプラスを見つけるようにしましょう。

常にこのようにプラスに考えるようにすると、プラスにすることが結局できない、つまりは‟気に入っているけれど着ない服”が自分にとってどんな服か分かります。

誰にでもある、買っても着ない服をこれ以上増やさないために、新しい服を買う前に今ある服の掘り起こしをやりましょう。

マイスタメン服を磨く

今ある服の掘り起こしを行うと、結局自分が着る服がどんな服なのか、大抵決まっていることが分かります。

そこで新しい服を買うときには、原則、自分が良く着る服のアップデートが最も無駄がない買い物だということを、心得ておきましょう。

しかしながらトレンド感の漂う服を目にすると「欲しい」欲求が止まらなくなるのが女心。

その欲求に素直に応じていると、タンスの肥やし服をまたまた増やすことに。

そこでトレンド服はもちろんのこと、今までと違うパターンの服を買うときには、“普段自分がよく着る服のどれとトレードすると、今までと変わらず着用頻度が高く、新鮮さを取り入れることができる服”であるか、その点を満たす服のみを買うようにしましょう。

ただ“素敵”と心で感じる服を買うことを続けていては、タンスの肥やし服を増やす、負のスパイラルから抜け出せません。

新しい服を買うときには自分にとっての実用性、すなわち“沢山着る”ことに関しては、厳しくジャッジするように努めましょう。

 

着ない服がみるみるなくなる、買わなくなるたった2つの法則。

今すぐ実践してくださいね。

空人衣(くにえ):企業広告や個人スタイリストとして活躍中に,TVラジオ雑誌に次々と出演。その後ファッションショー企画プロデュ- ス,TV番組監修,企業講演,高校,専門学校の講師など多方面での活動を経て、現在は女性の装/美/ライフスタイルに関する企業PRサポート“知的美容”を運営。トップライター育成にも尽力中。https://www.instagram.com/kuniepr/

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます