アルルカン・暁(Vo)/撮影・seka

4月15日・16日、新宿ReNY(東京)にてアルルカン 2 CONCEPTUAL ONEMAN TOUR「嘘と影-自分を保つ為の2つの顔-」のツアーファイナル公演が開催された。

このツアーはタイトルの通り赤と黒、2種類のコンセプト、衣装で分けた2日間の公演を全国で行うという変わった試みとなっている。

赤と黒、3月1日にリリースされた2つのシングル『真っ赤な嘘』『影法師』にちなんでいるのはもちろんだが、もともと彼らのサウンドの中にある「切なさ」と「激しさ」、「キャッチーさ」と「ストイックさ」を色で表現するのであれば、こういう形になるのだろう。

1DAY(BLACK)

アルルカン

観客にも両日ドレスコードが設けられており、「黒」に身を包んだ”ダメ人間(アルルカンのファンの総称)”たちは、新宿ReNYのあるビジネス街のなかで異色の雰囲気を放っていた。

会場に入ると、黒い紗幕で覆われたステージが目に入る。アルルカンはこれからどんな「黒」を表現してくれるのだろうか。

アルルカン・暁(Vo)

客電が落ちると、ステージ含めて会場が包まれる中、堕門(Dr)のカウントが静かに響く。

ステージに柔らかな光が照らされると、そこにはすでに暁(Vo)、來堵(G)、奈緒(G)、祥平(B)、堕門が揃っており、『白い鬱』からライブはスタート。ステージとフロアにはまだ紗幕がかかったままだ。

そしてその”境界線”のような幕が落ち、「疑いながらも進んでいくーーその線の外側へ行くんだーー」という暁の声から『境界線』へ。

静かに、そして確実に熱を帯びていくフロア。そこに拍車をかけるように『in the dark』や『墓穴』を叩きつける。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます