(左から)俺はゴミじゃない/蟹めんま/だいごろう(左から)俺はゴミじゃない/蟹めんま/だいごろう

9月30日に蟹めんまさんのバンギャルエッセイ漫画「バンギャルちゃんの日常」4巻が発売されました。
その記念(?)に、今回は”ギャ男”さんに集まっていただいて座談会を開催。

ギャ男とはバンギャル男の略で、ざっくり説明するとヴィジュアル系好きな男性のことです(諸説ありますが、あくまでざっくり)。

注目の若手メタルバンド・Phantom Excaliverのベーシスト・だいごろうさんと、ヴィジュアル系イベントにも出演しているお笑い芸人・俺はゴミじゃないさんに登場していただきました。一体どんな話が飛び出すのか――?

――今日は蟹めんまさんとギャ男座談会ということで、メタルバンド・Phantom Excaliverのベーシスト、だいごろう(Die-goro)さんと、ヴィジュアル系お笑い芸人の俺はゴミじゃないさんに集まっていただきました。

蟹めんま(以下・めんま):よろしくお願いします。

――ちなみに「ギャ男」というのは広い意味で「ヴィジュアル系が好きな男性」、「バンギャル男」の略称だとされています。

だいごろう・俺はゴミじゃない:とはいえ、僕らなんかが「ギャ男」でいいんでしょうか……?

――まず今回どうしておふた方をお呼びしたかといいますと、まずだいごろうさんですが、「Phantom ExcaliverのベーシストがライブでアルルカンのTシャツを着ていた」という情報を耳にしまして。

めんま:それでだいごろうさんのTwitterを拝見したら、アルルカンのベーシスト・祥平さんを「かっこよす」とツイートされていたんですね。

アルルカン男限定ライブに行った日のだいごろうさんのツイート
――これはかなりのファンなんだな、と。ちなみに今日もアルルカンの「ダメ人間」Tシャツを着用されていますね。

だいごろう:これでいつもステージに立ってます。ファンなんです、本当に。

先日の男限定ライブには行ったんですが、ライブに沢山通ってるわけでもなくて。ガチガチの振りやったりする人とか見てると、「すごいな」と感じるんで、自分は大したことない感じなんですよ。

めんま:そういうところも「ギャ男」っぽい……。自分のことを「大したことない」と言う方はだいたいどっぷりの方なんですよね。アルルカンの男限定ライブに行ってたんですね。

だいごろう:そうなんです! ウチのバンドのボーカルと2人で行ったんですけど、

めんま:「男限定」ってお客さんもですが、メンバーさんもテンション高くて、あの「漢(おとこ)のお祭り」的な盛り上がりは通常ライブには無いものなので羨ましいです。

だいごろう:そんな! たまにやるから盛り上がるんだと思うんですよ。たとえば僕のやってるバンド・Phantom Excaliverは男性のお客さんが多いバンドなんですが、逆に女性限定やったらテンション上がると思いますもん。

――そして、俺はゴミじゃないさんのネタを以前拝見する機会がありまして、それがすごく「ヴィジュアル系愛」を感じるものだったんで、今回お声がけしました。


めんま:このネタをやった後の一言コメントがいいんですよ。愛を感じます。

だいごろう:面白いですね(笑)。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます