0~6歳の男の子はやんちゃ盛り。ほめるシーンよりも叱ることの方が多い……なんて子もいるかもしれません。

でも、せっかく素敵なことをしたときは、成長につながるほめ方をしたいもの。

そこで今回は保育士経験もあり、自身も3人の息子を持つという小崎恭弘さんの著書『男の子の育て方 (洋泉社mook)』から、子どもにとってプラスに働く伝わるほめ方についてまとめました。

ほめる=好き!のメッセージ

ごはんが自分で食べられるようになったり、自分で着替えができるようになったり。日々成長を見せてくれる子どもたち。

小﨑さんは「ほめる」という行為について、「成長を喜ぶ・認める気持ち」と表現します。

また、ほめることで子どもに対してプラスのメッセージを発信することができるので、子ども自身が自分自身を認めることにもつながるのです。

ほめることは「やる気」を引き出すことにもなります。男の子はすぐ調子に乗りやすいという傾向があるので、せっかくならいい意味で調子に乗ってもらいましょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます