「ドルヲタ手帳」。番組出演情報からコンサートに必要なメモまで書き込み可能。

先日、ヴィレッジヴァンガードで販売された『ドルヲタ手帳』。これは「男性アイドルグループファンのための手帳」、平たく言えば、ジャニーズのタレントのファン、つまりジャニヲタのための手帳だ。

テレビの出演や雑誌掲載情報、さらにコンサートのチケット発売日やその遠征のために必要な情報まで、すべてを網羅できるよう作られており、関ジャニ∞でジャニーズにハマった私も即購入。

その愛ある仕事ぶりは感動モノ!

そこで、製作者の「飼い猫」さんに取材を敢行。普段、ヴィジュアル系バンドを追いかけるバンギャルの飼い猫さんがドルヲタ手帳を作ったきっかけとは? 製作にまつわる話、そしてバンギャルから見たジャニヲタについて聞いてみた。

製作者の「飼い猫さん」(顔出しNG)。左は「バンギャル手帳」。右が「ドルヲタ手帳」。

はじまりはスマホ要らずの『バンギャル手帳』

――最初は『バンギャル手帳』から始まったそうですね。作ったきっかけは何だったんですか?

飼い猫「香川にライブを見に行ったとき、スマホが急に充電されなくなったんです。帰りの飛行機の時間とライブ会場、友達や会社の連絡先がすべてスマホの中に入っていました。

iPodを持っていたので、完全に壊れる前、ギリで写メをとっていたので何とか助かりましたが、その日は一人で香川に行っていたし、全部スマホで管理するのは怖いと思ったんです。でも市販の手帳だと管理しにくいので、自分用にフォーマットを作りました」

――手帳はいつから作り始めたんですか?

飼い猫「2014年からです。そのときは販売目的ではなく、自分と友達用で何十冊かでした。

2015年版は作り忘れたのですが、2016年版としてもう一度作って。作業を始めたとき、内容を整理してバンギャル手帳のTwitterアカウントでツイートしました。そしたら3000弱ぐらいRTされて、意外と需要があるんだなと思いました」

――それが商品化につながるわけですか?

飼い猫「ええ。2016年版と2017年版合わせて約3000部作りました」

「バンギャル手帳」。カレンダーにはその月に結成したバンドのリストも入っている。
「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます