ドコモのスマートフォン2012夏モデル、注目機種をピックアップ!

2012.7.12 21:00配信
ドコモのスマートフォン夏モデル

6月28日、都内の家電量販店で、NTTドコモのスマートフォン「GALAXY S III SC-06D」の発売イベントが大々的に開催された。「GALAXY S III SC-06D」を皮切りに、これから2012年のスマートフォン夏モデルが続々と発売になる。今回は、ITジャーナリストの本田雅一氏さんに、スマートフォンのトレンドと、ドコモの最新スマートフォンの注目モデルを聞いた。

●半数以上が高速通信「Xi」に対応、4.5インチ以上の大画面モデルも増える

ドコモが今夏発売するスマートフォンは16機種。OSは、すべてAndroid 4.0を搭載する。「docomo NEXT series」の全機種と、「docomo with series」の「Optimus it L-05D」「MEDIAS X N-07D」「Xperia SX SO-05D」の計11機種は、受信時最大75Mbpsの高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応する。また、「GALAXY S III SC-06D」など、4.5インチを超える大型ディスプレイを搭載した機種が8機種と、大画面・高精細のディスプレイが一つのトレンドになっている。では、各モデルの違いはどこにあるのだろうか。

本田氏は、選び方のポイントについて、「そもそもAndroidスマートフォンは、ソフトを走らせるぶんにはどれも同じはず。100ドルのモデルでも700ドルのモデルでも、基本的には同じアプリが動作する。ではどうやって製品を選ぶのか。それがデザインやスペックだ」と指摘した。

●UIが洗練された「GALAXY S III」 夏モデルの本命に

夏モデルの先陣を切って発売された「GALAXY S III SC-06D」は、グローバルでヒットしている「GALAXY」シリーズの最新モデル。ワンセグに加え、シリーズで初めておサイフケータイに対応し、電子マネーのSuicaやIDを利用できる。

「GALAXY」シリーズについて、本田氏は「初代はスペックが高かったが、総合的にみると決していいできではなかった。しかし2代目でハードが非常によくなるなど、技術の積み重ねが進み、最新モデルでは特にユーザーインターフェース(UI)が洗練された。夏モデルのなかでは本命の一つ」と評価する。

3世代目になって、使い勝手のブラッシュアップが進んだ「GALAXY S III SC-06D」。ポイントは、約4.8インチの大きな画面や、2100mAhの大容量バッテリだ。完成度は非常に高い。

●国産メーカーの期待の星「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」

約4.7インチのHD液晶ディスプレイを搭載したシャープの「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」にも注目したい。ワイヤレス充電機能「おくだけ充電」に対応するほか、ワンセグやおサイフケータイ、防水、赤外線通信など、従来型携帯電話で定番だった機能を備える。

「国産スマートフォンではNo.1の印象。液晶画面の省エネ機能なども非常に努力していて、できは非常にいい」と本田氏。シャープは、コンパクトな「AQUOS PHONE st SH-07D」もラインアップしている。どちらも直感的に操作できる独自のUI「Feel UX」を採用し、初めてAndroidスマートフォンに触れるユーザーにもわかりやすいのが魅力だ。

●「GALAXY S III」と並ぶ本命 ソニーモバイルの「Xperia GX」

ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」シリーズで待望の「Xi」対応モデル、それが「Xperia GX SO-04D」だ。「Xperia arc」で好評だった弧を描くアーチフォルムを継承。ワンセグ、防水には対応していないものの、おサイフケータイに対応している。約4.6インチの大画面ながら、重さは約127gに抑えた。

本田氏は「機能はスタンダードだが、『GALAXY S III SC-06D』と並ぶ本命モデル。スリムな『Xperia SX SO-05D』もアリ」と高評価をつけた。

このほかにも、注目モデルがこれから続々と登場する。クアッドコアCPU「Tegra 3」を搭載した「ARROWS X F-10D」は7月20日(予定)、幅約65mmのコンパクトボディに約4.6インチのディスプレイを搭載し、「Xi」非対応モデルのなかでは一番バランスがいいと評価の高い「ELUGA V P-06D」は7月12日、防水・防塵、ワンセグ、おサイフケータイなど日本の携帯電話の定番機能に加え、スマートフォン向け放送局「NOTTV」に対応した8.5mmの薄型ボディの「MEDIAS X N-07D」は、7月13日にそれぞれ発売する。

「NOTTV」に対応し、付属のタッチペンで手書き入力もできる5インチの大画面スマートフォン「Optimus Vu L-06D」と、これをベースにした人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』とのコラボレーションモデル「L-06D JOJO」(限定1万5000台)も、方向性としては面白い。販売中の「GALAXY Note SC-05D」を含め、こうしたタッチペンつきスマートフォンは、通常のスマートフォンとタブレット端末の中間として、今後一定の支持を得るかもしれない。

●完成度の高いモデルが勢揃い 実機を触って違いを確かめよう!

今年のドコモの夏モデルは、「キッズケータイ」以外、iモード対応端末の新機種はなく、すべてスマートフォン。最新の高速CPUを搭載した多くのスマートフォンは、これまでのようにもたつくことなく、サクサクと動作するという。ドコモユーザーの方はもちろん、他のキャリアの携帯電話ユーザーの方も、ぜひ店頭で手に取って、その魅力に触れて欲しい。(デジタル&家電ライター・コヤマタカヒロ/BCN・嵯峨野 芙美、山下 彰子)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング