バナナ (web辞典提供)

東京ディズニーシーでは2017年7月11日から8月31日まで、ディズニー・パイレーツ・サマーが始まります。

新公演も楽しみですが、バ、ナ、ナ! が忘れられない! という声も沢山聞かれますね。

それならば!

ミニーのトロピカルスプラッシュに登場したトロピカルフルーツを、東京ディズニーシーで探してみませんか?

キウイの仲間、ムベ

ムベの実と葉 (写真AC提供、撮影/ bBear)

出発は夏のイベントの舞台、メディテレーニアンハーバーです。

カフェ・ポルトフィーノのテラスにある棚には、キウイの仲間であるムベがあります。

仲間だけあって、実の姿もつき方もキウイにそっくりですよ!

4月から5月にピンクがかった小さな花が咲き、秋に実となります。

ムベの花 (写真AC提供、撮影/ kua)

楕円形の実が棚にぶら下がる様子は、なかなか可愛いものです。

キウイと違って無毛の実ですが、熟すと赤紫色になりますよ。

変わった名前の由来は、長寿の源として天智天皇にムベが献上されたとき、「むべなるかな(もっともである)」と宣ったから、

天智天皇時代、宮中に献上されていたムベが「おおむべ」と呼ばれていたことから、など諸説あります。

グレープ

ブドウの実り (photolibrary提供、撮影/ zoo)

グレープと言えば、ザンビーニ兄弟のワイン! 

カフェ・ポルトフィーノからディズニーシー・トランジットスチーマーライン乗り場に向かって歩くと、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテがあります。

建物に向かって左の階段脇では、白ワインにするリースリング・リオンという品種と、赤ワインにするマスカット・ベリーAという品種が栽培されています。

夏から秋にかけて、白ワイン用の黄緑色のフドウの房と、赤ワイン用の赤紫色のブドウの房が下がる様子は壮観ですね! 

また、日本のブドウ栽培では棚を作りますが、ブドウ棚を作らないヨーロッパ式の栽培方法も見ものですよ。

オレンジの仲間、ダイダイ

ダイダイ (photolibrary提供、撮影/ ryuo6389)

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ周辺には、オレンジの仲間のダイダイもあります。

白い花は初夏、実は冬に見られます。

ところで、橙(だいだい)色という呼称は、熟したもダイダイの実の色からきていますね。

でも、ダイダイという樹木の名前は「代々」なのです。

冬に実る実は、収穫しなければ3年ほど落ちず、次世代の実と一緒に見られることに由来します。

子孫繁栄につながり、縁起がよいので正月飾りに使われていますね。

収穫されなかった実は、夏場は黄緑色に戻り、冬場に再び色づきます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます