伊丹十三の名著『女たちよ!』の中に、サンドウィッチに関する旨そうなエッセイがある。
パリのホテルでクラブハウスサンドウィッチをルームサービスで頼んだら、

「パン二枚の間に電話帳二冊分くらいの厚さでいろんなものを詰め込んだサンドウィッチが出てきたことがある。こういうものを楽しく食べるためには行儀なんぞにはかまっていられない。(中略)なりふりかまわず食べるに限る」

伊丹十三『女たちよ!』より

というのだ。

分厚いサンドウィッチの様を、伊丹十三は三階建て、四階建てと表現している。
一度でいいから、伊丹十三が食べたような分厚いサンドウィッチを賞味してみたい、と切望していた。

先月(5月)、そんな分厚いサンドウィッチを食べさせてくれる店が都内に誕生した。
具はいろいろあるそうだが、ローストビーフがとくに旨いという。

しかも店があるのは、江東区亀戸。
亀戸といえば、餃子か、焼肉か、近頃評判のイタリアンがあることで知られている。

亀戸天神のそばで生まれた自分としては、なぜ亀戸でローストビーフのサンドウィッチなのかを知りたかったし、かじってみたい一心で「ミートファクトリー&カフェ亀戸」へ向かった。

開口一番、佐々木祐介店長に疑問をぶつけた。

亀戸で発見、絶品&ボリューム満点の肉サンド!

「なぜ亀戸を選んだか、ですか。下町で、面白そうな街だったから。それに、ここなら隠れ家的な店がはじめられそうだと思ったんですよ」

親会社が食肉加工業を営んでいることから、ローストビーフをメインにしたサンドウィッチを提供することにしたという。

肉はオーストラリア産ブラックアンガスビーフ。本社から届いたブラックアンガスビーフのリブロースを店の厨房でローストビーフに加工している。

薀蓄をあれこれ聞く前に、まずは「自家製ローストビーフサンド」をオーダーすることにした。

フルサイズか、ハーフかと聞かれたので、迷わずフルサイズを注文。
しばらくするとローストビーフサンドのフルサイズが届いた。

自家製ローストビーフサンド/フルサイズ1580円、ハーフサイズ790円

トーストしたパンに、ローストビーフ、トマト、サニーレタスがはさんである。
伊丹十三ならば、三階建てと表現するかもしれない。
とにかく分厚い。

「指でサンドウィッチを底から押し出しながら食べてください」と佐々木さんが教えてくれた。

過去にあちこちのホテルのパーティーや宴会でローストビーフを食べてきた。
正直言って、それほど旨いものではない、というのがこれまでの印象だった。

というのもローストビーフには筋があり、その筋が歯にはさまったり、噛み切りにくい思いを何度もしてきたからだ。

ところが、この店のローストビーフはそんなことはまったくなく、まるでハンバーガーのように食べやすいだけでなく、しかも旨い。

2枚のパンにぬったタルタルソースが爽やかさを演出。しかもローストビーフがしっとりとしていて、しゃきしゃきしたサニーレタスの食感も絶妙だった。

「うまい肉」更新情報が受け取れます