ドコモ、「らくらくスマートフォン」を8月1日に発売

2012.7.26 20:52配信
らくらくスマートフォン F-12D(左から、ゴールドの正面と背面、ネイビー、ピンク)

NTTドコモは、初心者でも安心して使える富士通製のスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」を8月1日に発売する。

2001年9月の発売以来、シニア層を中心に人気を得て、2011年9月には累計販売台数2000万台を突破した「らくらくホン」シリーズの初のスマートフォン。ボタンのように押した感触がある「らくらくタッチパネル」を採用した約4.0インチの液晶ディスプレイを搭載し、文字やボタンを大きく見やすくするなど、使いやすさにこだわった。

「触れる」と「押す」の違いをしっかりと区別する新構造の「らくらくタッチパネル」は、アイコンに触れると色が変わって選択していることがわかり、そのまま押し込むと、振動が指先に伝わって操作したことが実感できる。画面をなぞる操作(スクロール)と、タッチ操作を区別できるので誤動作も少なく、確実に入力できる。直感的に操作できる独自の新メニューに加え、従来の「らくらくホン」と同じ口語調のメニューを搭載したほか、「使い方ヘルプボタン」や「らくらくホンセンター」の専門アドバイザーに無料でつながる「らくらくホンセンター」へのワンタッチボタンを備える。

また、さまざまなコンテンツやサービスを取りそろえた「らくらくスマートフォン」向けのポータルサイト「dメニュー」を用意。「らくらくスマートフォン」向けの「dメニュー」は、通常の「dメニュー」より文字やボタンが大きく、簡単でわかりやすいシンプルな構成で、天気、最新ニュース、生活情報などに加え、従来の「らくらくホン」ユーザーに人気のあったジャンルで構成した「おすすめサイト」を表示する。利用は無料で、プリインストールしている「dメニュー」アイコンを選択すると利用できる。OSはAndroid 4.0だが、「spモードメール」や「iチャネル」など、ドコモが指定するアプリケーション以外は利用できず、「Google Play」から好きなアプリケーションをダウンロードして利用することはできない。

このほか、有効約810万画素のカメラ、ワンタッチブザー、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信機能などを搭載し、IPX5/8の防水・IP5Xの防塵性能を備える。サイズは高さ約130.0×幅64.0×厚さ10.9mm(最厚部約 12.9mm)で、重さは約138g。カラーはゴールド、ネイビー、ピンクの3色。

発売に合わせて、「らくらくスマートフォン」ユーザー向けに、月額2980円でデータ通信が使い放題のフラット型FOMAパケット定額サービス「らくらくパケ・ホーダイ」を提供する。通常のパケット定額サービスより安いが、2012年10月以降、当月利用データ量が500MBを超えた場合、当月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに制限する。9月30日までは、通信速度の制限は行わない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング